anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

男と女

1966年作品、クロード・ルルーシュ監督、アヌーク・エーメ ジャン・ルイ・トランティニャン ピエール・バルー ヴァレリー・ラグランジュ出演。

アンヌ(アヌーク・エーメ)はパリで独り暮し。 夫をなくして、娘はドービルにある寄宿舎にあずけてある。 年はそろそろ30歳。 その日曜日も、いつも楽しみにしている娘の面会で、つい長居してしまい、パリ行きの汽車を逃してしまった。
そんなアンヌに声をかけたのはジャン・ルイジャン・ルイ・トランティニャン)彼も30歳前後で、息子を寄宿舎へ訪ねた帰りだった。
彼の運転する車でパリへ向う途中、アンヌは夫のことばかり話しつづけた。 その姿からは夫が死んでいるなどとは、とてもジャン・ルイには考えられなかった。
一方、彼はスピード・レーサーで、その妻は彼が事故を起したとき、ショックから自殺への道を選んでいた。
近づく世界選手権、ジャン・ルイは準備で忙しかったが、アンヌの面影を忘れられなかった。 次の日曜も自分の車でドービルへ…と電話をかけた。 
肌寒い日曜日の午後、アンヌ、ジャン・ルイ、子供たちの四人は明るい笑いに包まれていた。 同時に、二人はお互いの間に芽生えた愛を隠し得なかった。 血と汗と泥のレースを終えたとき、ジャン・ルイはアンヌからの電報を受けとった。
それには、愛してます……と書いてあった・・・
 
哀愁漂う作品ですね。
監督はクロード・ルルーシュ、記事にした作品はありませんが、多くの作品を残しており、自らこのリメイク作品も撮っていますね。
主演はアヌーク・エーメ、実は来年公開予定のこの作品の続編にも出演しています。
そしてジャン=ルイ・トランティニャンが相手役ですね。 もちろん同じ二人で続編のようです。
 
物語はアンヌとじゃんのふとした出会いから始まります。 寄宿舎に預けている娘との時間を惜しんだことから、パリ行きの記者を逃したことで、途方にくれていた時、声を掛けたのがジャンでした。同じく息子を寄宿舎に入れていたジャン、そして彼のくるまで、お互いの話をし始めるのですが。
 
今作の続編というか、「~Ⅱ」とか、「~アナザー・ストーリー」とか、シリーズのような監督の作品には邦題がつけられています。 続編ということではありませんが、なにか通じるものがあるんでしょうかね?
でも今度公開されるのは正式な続編、そして53年後の主演の二人によるつづきのお話のようですね。
 

f:id:anttiorb:20191003202016j:plain

出会ってしまった二人

 

f:id:anttiorb:20191003202024j:plain

夫を亡くしたアンヌ

 

f:id:anttiorb:20191003202030j:plain

ジャンも妻を失っていた

 

f:id:anttiorb:20191003202051j:plain

そして愛し合う二人

 

f:id:anttiorb:20191003202057j:plain

そして二人は

 

f:id:anttiorb:20191003202114j:plain