anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

The Professor(原題)

2018年作品、ウェイン・ロバーツ監督、ジョニー・デップ ローズマリー・デウィット ゾーイ・ドゥイッチ パロマ・クウィアットコウスキー出演。

リチャード・W・ブラウン教授(ジョニー・デップ)は最近体調が優れず、仕方無しに罹り付けの医師に精密検査を依頼していた。 しかしその結果は、苛酷なものだった。肺がんを宣告され、今すぐに手術をしても、もう長くは持たないと言うもの、手術をしても直ることはなく、このままの状態だと6ヶ月と宣告されるが、医師はそれでも手術を勧めるが、もう彼にその選択はなかった。
夕食の時間、家への到着と同時に、リチャードは、彼の妻のヴィクトリア( ローズマリー・デウィット)と娘オリヴィア(オデッサ・ヤング)だけには、知らせておこうとするが、しかしこの席で、妻は自分の浮気を告白し始め、さらに娘は自分がレズビアンだとカミングアウトをする。 そしてそのことをヴィクトリアは少し嫌な態度を示し、それにオリヴィアは憤慨して席を立ってしまうのだった。 妻との関係は冷え切っていて、浮気をしているのは知っていたが、まさかこのタイミングで言われるとは。 相手は大学の上司だった。
そして彼は家族に言うタイミングを逃し、そして今のゼミの学生に、今までとは違った態度を取り始める。 それは出席をしなくてもCを与え、それ以外にも自分の趣旨に合わない生徒を追い出し始める。 突然急変したリチャードの態度に戸惑う学生達、しかしそれでも数人の学生は残るのだった。
そして誰にも癌のことを言えず、彼は残された人生を歩み始める・・・
 
この作品は日本公開がまだ決まっていないようです。
監督はウェイン・ロバーツ、もう1作作品があるようですが、日本公開はまだないようです。
妻役は ローズマリー・デウィット、「ラ・ラ・ランド」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14768092.html ではローズ役をしていました。
 
物語は、今まで家庭をあまり重要視していなかった大学教授のお話です。 出世欲もあまりなく、なんとなくの存在でした。 しかし彼は肺がんの宣告を受け人生が変わって行きます。
途中自分のことを明かすのは、同僚の大学教授だけ、彼はリチャードを気遣ってくれますが、肝心の家族には言う機会を逃してしまいます。
 
今作は闘病ものというよりも、人生の最後をどう生きるかがテーマですね。 自分の生き様を学生に、そして娘に見せていくデップの演技、日本公開はあるんでしょうか?
 

f:id:anttiorb:20190930204903j:plain

癌の宣告を受けるリチャード

 

f:id:anttiorb:20190930204910j:plain

そして生徒に対して風変わりな通告をする

 

f:id:anttiorb:20190930204931j:plain

家族には言えず、家を出るリチャード

 

f:id:anttiorb:20190930204943j:plain

そして自由奔放な授業をはじめ

 

f:id:anttiorb:20190930204952j:plain

生徒から逆に信頼を勝ち取っていく

 

f:id:anttiorb:20190930205002j:plain