anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ガーンジー島の読書会の秘密

2018年作品、マイク・ニューウェル監督、リリー・ジェームズキール・ハースマン グレン・パウエル ジェシカ・ブラウン・フィンドレイ出演。

第2次世界大戦後のある日、イギリスで作家として活躍する若い女性ジュリエット(リリー・ジェームズ)の元に、戦時中イギリスで唯一ナチスドイツに占領されたガーンジー島の「読書のポテトピールパイの会」のドーシー・アダムズ(ミキール・ハースマン )から、ロンドンの本屋の場所を教えて欲しいと一通の手紙が届く。
これをきっかけにドーシーと戦争中のガーンジー島の様子について文通で質問する様になったジュリエットは、戦時中に敵のナチスに占領され苦しい生活を強いられていた島で、エリザベス(ジェシカ・ブラウン・フィンドレイ)という女性が創設したこの読書会が唯一の憩いであった事を知る。 この話に興味を持ったジュリエットは、島に直接行って読書会の詳細を聞き、ロンドンタイムズの記事にしようと決意する。
ジュリエットはガーンジー島へ出発する日、付き合っているアメリカ人男性マーク(グレン・パウエル)からのプロポーズを受け、結婚の約束をしてから船に乗るのだった。島に到着したジュリエットは読書会に参加し、皆と打ち解けて行く。 しかしエリザベスに会って話を聞こうと試みるが、彼女には会えないと言われてしまう。
和やかな時間が流れる中、読書会の事を記事にしたいとジュリエットが言うと、皆の顔がこわばり、最年長の女性アメリア(ペネロープ・ウィルトン)に断固拒否されるのだった。 その読書会の日、ドーシーをパパと呼ぶ小さな女の子を見つけたジュリエットは、彼女がエリザベスの娘キット(フローレンス・キーン)だと知る。
エリザベスの事を調べるジュリエットは、エリザベスはナチスに占領されていた頃に、人を助けるため逮捕されたと知る。 詳しい話を知りたいジュリエットは、読書会の皆に話を聞くが皆詳しいことは教えてくれないのだった。 エリザベスの事で読書会の皆が秘密を持っていると感じたジュリエットは、婚約者マークにエリザベスの行方を探す手伝いを依頼する。
ジュリエットが読書会に参加して皆と一緒に時間を過ごすうち、彼女とドーシーはお互いに惹かれ合うようになって行く。 ある日、キットの父親がドイツ人だと知ったジュリエットは、彼女を本当の娘として育てているドーシーから本当の事を聞き出す。 キットの父親はクリスチャン・ヘルマン(ニコロ・パセッティ)という医者の男で、彼はドイツの血を引いていたが、ドーシーの友人だった・・・
 
これも悲しい戦争のある意味傷跡でした。
そしてミキール・ハースマン、「アデライン、100年目の恋」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/13570796.html では主人公の運命の相手役をしていました。
エリザベス役はジェシカ・ブラウン・フィンドレイ、「マイ ビューティフル ガーデン」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15144705.html は可愛い作品でしたね。
 
物語は、街に占領されたガーンジー島で始まります。 夜に酔っ払っていた数人が、ドイツ将校に見つかります。 認められていない会合は禁止、夜間外出も厳禁、しかしこの時とっさのエリザベスの機転で、難を逃れます。 これがこの読書会の始まりでした。
数年後、大戦は終り、まだところどころ傷跡は残っていますが、着実に復興に向けて動き始めたロンドン。 そこで作家として台頭し始めたジュリエットの下に、1通の手が磨きます。 それはガーンジー島のドーシーという男性でした。
ちょっと変わった読書会の事が書いてあり、これに惹かれた彼女は、出版社でビジネスパートナーのシドニー口説き落とし、ガーンジー島に行くことにします。 しかし乗船直前に付き合っていたアメリカ人将校のマークにプロポーズを受けるジュリエット。高価な婚約指輪を受け取り了承する彼女、しかし島では不釣合いだと思い到着後外してバッグにしまいこんでしまいます。
そして読書会のメンバーと遭いますが、あることで、ちょっと雰囲気がおかしくなってしまいます、そしてこの読書会をよく思っていない人間も島に入るんですね。
 
今作は、なかなか見ごたえのあるお話であり、戦争の犯した罪の重さも感じる作品です。 ナチの非道さを間接的に描きながら、その中でも人間の心を持った独りの医者のナチ将校と、エリザベスの恋。
このエリザベスの行き方が真っ直ぐで素晴らしいんですが、この時代には受け入れられず、悲しい結果になって行きます。 少女キットが無性に可愛い、そして親を失った少年もいいんですよね。
最後の彼女の選択は間違っていないと確信する作品ですね。
 

f:id:anttiorb:20190928074745j:plain

変わった名前の読書会のメンバー

 

f:id:anttiorb:20190928074756j:plain

ジュリエットは新進気鋭の作家

 

f:id:anttiorb:20190928074804j:plain

シドニーに了解をもらい

 

 

f:id:anttiorb:20190928074811j:plain

ガーンジー島

 

f:id:anttiorb:20190928074820j:plain

そこで読書会のメンバーに会うが

 

f:id:anttiorb:20190928074826j:plain

ドーシーにあることを聞く

 

f:id:anttiorb:20190928074833j:plain

しかし彼女は島に来る直前プロポーズを受けていた

 

f:id:anttiorb:20190928074841j:plain