anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

タロウのバカ

2019年作品、大森立嗣監督、YOSHI 菅田将暉 仲野太賀 奥野瑛太出演。

半グレの吉岡(奥野瑛太)は、元極道の小田(國村隼)を車に乗せ、ある人里はなれた廃屋のような施設に向かう。 厳重に鍵がかけられており、イラつきながら吉岡は入っていく。 奥の部屋の鍵を開けると、そこには、障碍者が多く収容されている大部屋だった。 しかし奥のベッドにくくりつけられてる一人と、その脇には頭から血を流して倒れている者がいた。
小田は、もぐりの医者に見せることを吉岡に言うが、ここの見張りをしてたエージ(菅田将暉)を殴りまくり、倒れている男に一発拳銃を撃ち殺してしまう。 そして小田に手伝ってもらい死体を埋めに行くが、その時小田も撃ち殺し、その場を離れるのだった。
戸籍がなく、一度も学校に通ったことのない少年タロウ(YOSHI)。 タロウには名前もなかったが、エージとスギオ(太賀)という高校生の仲間が“タロウ”と名付けた。エージとスギオはそれぞれやるせない悩みを抱えているが、タロウといるときはなぜか心が解放されるのだった。 大きな川が流れ、頭上を高速道路が走る町を、3人はあてどなく走り回り、自由を感じながら奔放な日々を過ごしていた。
そんなある日、エージは全開ぼこられた吉岡に復讐をする為待ち伏せをして、鉄棒で頭を殴り、タロウが頭を蹴飛ばし、そこから鞄をひったくり逃げるのだった。 しかし、そのバッグから、一丁の拳銃を手に入れたことから、3人はそれまで目を背けていた現実に向き合うこととなる……
 
ラジオ番組で今作で改名した仲野太賀くんのインタビュー聞いたので、見に行くことにした作品です。
監督は大森立嗣、前作は見逃しましたが、「日日是好日」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15728168.html は記事にしています。
主演はYOSHI、今作は俳優デビューの16歳。 存在感がありましたね。
そして菅田将暉、「アルキメデスの大戦」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2019/08/06/060000 で主演をしていました。
太賀改め今作からか、“仲野太賀”表記になりました。 彼は中野英雄氏の息子さんなんですね。 でも同じ“中野”ではなく“中”ににんべんを付けて芸名にしています。 近作は「町田くんの世界」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15975755.html となりますが、まだまだ学生役が似合う26歳です。

物語は、柔道での推薦入学をしたのに怪我から、ドロップアウトをしてしまったエージ、そしてある女の子に恋をしているスギオ、でも彼女は援助交際で売りをしているんですね。 そして今まで学校に行ったことのないタロウ。 本名は違うんですが、エージに対して自分の名前を聞かれたとき、応えられず、「それならタロウ」とつけられたから。
川のそばでいつもつるんでいる3人、タロウには障碍を持った男の子と女の子とも仲が良いんですが。 二人はマイペースでさっさと帰って行きます。 しかしエージがボコられた吉岡に復讐をしたことから、拳銃を手にし、それは学校に行っていないタロウにもたされます。 しかしめったなことで出すなとエージに言われます。 でも危険になるとやっぱり出してしまうんですが。
 
今作は非常に退廃的な匂いのする作品。 主役の3人は抱えている心の傷と言うんでしょうか、特にタロウは、一応母親がいますが、片親で、どうやら宗教の狂信者のようです。
彼の心の闇が一番大きく、暗く、底がない感じがします。 そんな彼が拳銃をいつも持ち歩いているだけで、いつかいろんな意味で暴発する怖さを感じます。
 

f:id:anttiorb:20190919212101j:plain

半グレの吉岡

 

f:id:anttiorb:20190919212111j:plain

元ヤクザの小田をこの後殺す

 

f:id:anttiorb:20190919212118p:plain

いつもつるんでいる3人

 

f:id:anttiorb:20190919212129j:plain

そして吉岡を襲う

 

f:id:anttiorb:20190919212145j:plain

エージは元柔道の奨学生

 

f:id:anttiorb:20190919212152j:plain

スギオの憧れの彼女だが

 

f:id:anttiorb:20190919212207j:plain

そして学校に行ったことのないタロウ

 

f:id:anttiorb:20190919212221j:plain