anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

男子高校生の日常

2013年作品、松居大悟監督、菅田将暉 野村周平 吉沢亮 岡本杏理出演。

いまどきの男子高校生と言ったって、みんながみんな、シュッとしてカッコいいわけじゃない。 むしろ、バカだったり、しょうもないことで盛り上がったりすることが多い。
たとえば…ここに3人の男子高校生、真田中高校2年1組のタダクニ(菅田将暉)とヨシタケ(野村周平)、ヒデノリ(吉沢亮)の3人は、いつもタダクニの家でごろごろしながら話をしている。 タダクニには妹がいて、タダクニの隣に部屋がある。
その日も 「食べ方が汚い女子キライ」 「独りでウナギ食ってる子の方がよさそう」「あと、腕の骨にギプスはめてる子な」…とかいうことを勝手にほざくわけだが、では彼女の作り方を知っているかというと3人とも黙ってしまう。 この3人をはじめとして、タダクニらの通う男子高校は、えてして 「女子にオクテ」 な集団だった。
その真田中高校にとんでもない事態が勃発する。 ある日、テスト期間中に女子の一団が乗り込んできた。 女子の一団は真田女子高校の生徒だった。
女子の一団が通った後、タダクニはシュシュを見つける。 女子の一団の中でタダクニの目に留まったりんご(岡本杏理)のものではないかと思い、タダクニは拾ってポケットに入れる。
なぜ女子高校の生徒が来たかというと、今年はなんと文化祭が合同になり、タダクニらの男子高とりんごたちの女子高が同じ校舎ですることになったからだった。 文化祭の会場は、男子高の校舎でおこなうことになる。 まだテストは終わっていないのに、男子たちはそわそわし始める。
いつものようにタダクニの部屋で集まっている時、ヒデノリがふと言ったのは、「スカートはありえない」 ということだった。 ヒデノリの 「ありえない」 理由とは、スカートの下はパンツ、つまり、スカートとは 「パンツむき出して歩いているのと同じ状態だ」 というわけ。
ヒデノリの説に膝を打ったタダクニとヨシタケは、ではスカートを履いたらどんな感じなのだろうということに話題が発展する。 ヨシタケがタダクニの妹の部屋に勝手に入り、スカートを3着借りる代わりに自分のトランクスを置いていくが・・・

いまをときめく主力若手俳優の共演、決してシュッとしてないわけがない(^^)
監督は松井大悟、「アズミ・ハルコは行方不明」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14607162.html はなかなか不思議な作品でしたが面白かったです。
主演は3人、まずは菅田将暉、「銀魂2 掟は破るためにこそある」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15648411.html が近作映画記事ですが、今後はまた出演作がやってきます。
そして吉沢亮、「あのコの、トリコ。」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15717873.html が近作となっていますね。

物語はドロンとした男子校に、ある日突然やってきた女子高校生たち。 それは合同学園祭の為でした。 どよめき、色めく男子高校生たち、千載一遇の彼女を作るチャンスなんですが、そもそも女の子とどう接したらいいかわからない彼らは、固まってしまうんですね。 そしてその時、拾ったシュシュ。 これはどの生徒のものなのか?勝手な妄想をここから増幅していくんですが。

今作は、イケメン若手俳優が、もてない男子高校生に扮する事が面白い? どう考えても他作品でイケメン主演をしている3人が、モテナイ役なんて不自然極まりなく、かえって男から反感を買う設定になっていますね。
いい感じを出しているのがタダクニの妹役の高月彩良ですね。 彼女の啖呵が気持ちいいです。

イメージ 1
いつもつるんでいる3人

イメージ 2
スカート体験を妹のスカートでする

イメージ 3
そして女子達がやってきて

イメージ 4
合同文化祭をやることになる

イメージ 5
色めき経つ男子たち

イメージ 6
そして彼女達がゲストでやってくる

イメージ 7