anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

空母いぶき

2019年作品、若松節朗監督、西島秀俊 佐々木蔵之介 本田翼 小倉久寛出演。

20XX年、クリスマスイブ前日の12月23日未明。 沖ノ鳥島の西方450キロ、波留間群島初島に国籍不明の武装集団が上陸、日本の領土が占領された。
海上自衛隊は直ちに小笠原諸島沖で訓練航海中の第5護衛隊群を現場に向かわせる。 その旗艦こそ、自衛隊初の航空機搭載型護衛艦《いぶき》であった。
計画段階から 「専守防衛」 論議の的となり、国論を二分してきた《いぶき》。 艦長は、航空自衛隊出身の秋津竜太一佐(西島秀俊)、そしてそれを補佐する副長は、海上自衛隊生え抜きの新波歳也二佐(佐々木蔵之介)。
そんな彼らを待ち受けていたのは、敵潜水艦からの突然のミサイル攻撃だった。 さらに針路上には敵の空母艦隊が出現。想定を越えた戦闘状態に突入していくなか、政府は戦後初めての 「防衛出動」 を発令。 迫り来る敵戦闘機に向け、迎撃ミサイルが放たれる…

豪華キャストの近未来戦争作品といったところでしょうか?
監督は若松節朗、「柘榴坂の仇討」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/12191068.html が近作ですね。
そして佐々木蔵之介、「居眠り磐音」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15962983.html が公開中です。

物語は、東亜連邦という新興国家が、日本の領土侵犯をして来るお話です。 そしてそれを食い止める役割を担ったのが空母いぶきでした。 日本に空母がいるのか? いぶきはその論戦のターゲットでしたが、戦闘が開始されてしまいます。
そして、自衛隊の最高指揮官の総理の判断が日本を左右します。 しかしこの事象は極秘裏に対応していましたが、 たまたまいぶきに乗り合わせた二人のジャーナリストが、この情報を衛星回線で会社に送ってしまいます。 そして日本は大混乱になって行きます。

今作は、戦争なのか? 戦闘なのか? という非情にデリケートなギリギリのラインを描いた秀作だと思います。 実際にアメリカの武器を買わされている日本、しかし本当にどこかの国が領土を侵す事があったら、どれかの戦力が取戻しに行きますからね。
原作は中国が仮想敵国だということらしいんですが(原作は読んでいません)、今作では仮想国を設定しています。 ただ、アジアの、それも近い国が想定されていて、どこかの先進国が武器を売っている、そんな背景があるようなのも、アジアでもこんな事がいつ起こってもおかしくないし、その時の首相がどういう対応が出来るのか?シュミレーションのような作品かもしれませんね。
面白いというより、実験的な、もしかしたら有事の際のテキストになるかもしれない作品に感じましたが。
戦闘を戦争にしない的確な指示が今の政府に出来るのか? まあ私は無理だと思いますが。

イメージ 1
空母いぶきが出動

イメージ 2
そしてたまたま乗り合わせていたジャーナリスト二人

イメージ 3
そして攻撃を受け

イメージ 4
護衛艦が息吹を守る為に

イメージ 5
そして護衛官の戦いが始まる

イメージ 6
そして報道はどうなる?

イメージ 7