anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

オズランド 笑顔の魔法おしえます。

2018年作品、波多野貴文監督、波瑠 西島秀俊 橋本愛出演。

彼氏の小西俊郎(中村倫也)が勤める超一流ホテルチェーンに就職した波平久留美(波瑠)22歳。 ところが、彼女の派遣先は熊本の遊園地グリーンランドだった。 いやいやながらに熊本に転勤する久瑠美。 そして、彼女の前に広がるのは、広大な田園風景とそこに突如現れる遊園地だった。
彼女と同期の古村(岡山天音)の教育係になったのは、数々の企画を成功させ、「魔法使い」と呼ばれる社員・小塚慶彦(西島秀俊)と個性的過ぎる園長(柄本明)や従業員の面々だった。
望まぬ勤務地に、彼氏との遠距離恋愛、テンションの合わないオズランドの面々に、転勤早々久留美はうんざりモードになる。 しかも支給された制服には “ナミヘイ”と誤植された名前がでかでかとプリントされていた。 久瑠美はどれだけ修正してもグリーンランド内ではナミヘイという呼び名がどんどん浸透していく。 小塚から、最初に言われたことは園内中のゴミ拾い。 その合間を縫って企画書を小塚に出しては無視される日々が続くのだった。
ある日、久留美は各支社で目覚しい成果を上げたMVP社員は、好きな部署に異動出来るということを知る。 久瑠美は、MVP社員になるため仕事に邁進するが、やることなすこと失敗だらけだった。
ゴミ拾いも実際に拾って歩かずゴミ箱のごみを集めて回っていたので一ヶ月以上たっても園内の案内も出来ず、園内をしっかり覚えているのは同期の吉村だった。
そんなある日、恋人が久瑠美を訪ねにグリーランドにやってくる・・・

さて今作はスキッとしたさわやかな作品。
監督は波多野貴文、「SP」 シリーズを撮っていますが、記事にはしていません。
主演は波瑠、「コーヒーが冷めないうちに」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15703817.html が近作でした。 今作は彼女にとって良い役、主演でした。
そして西島秀俊、近作は 「散り椿」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15708055.html でした。 しかし晴れやかな西島君を見たのは久しぶりかも。

物語は、合理主義で恋人との生活がしたくて、自宅が大好きな久留美のお話です。彼女は恋人と一緒にいたいから同じ会社に就職しました。 しかし社会はそんなに甘くなく、始めの勤務地は熊本でした。 グリーンランド、自然がいっぱいの良いところですが、彼女にとっては監獄のように感じているようです。 しかし、ここを抜け出すにはMVPを取る事。 そして彼女は仕事を要領良く終わらせ、企画書をいっぱい書き上げますが、全く相手にされません。
しかしここには魔法使いがいるといわれています。 彼の名は小塚慶彦、お客の動員を脅威的に上げた達人でした。 そんな彼の元、彼女は働くということ、そして遊園地とは? お客様の笑顔とは? を学んでいくんですね。
今作は、遊園地の舞台裏が良く描かれています。 キャストの人たちの苦労と、プロ意識、そして自分の仕事に対する誇り、そんなところが伝わってきます。
サービス業の一端を担う人には見て損はないですね。

イメージ 1
魔法使いと言われているオズ

イメージ 2
しかし久瑠美にはなかなか居心地が悪かった

イメージ 3
同期の吉村は馴染んでいく

イメージ 4
しかし彼女もだんだんと遊園地というものがわかってくる

イメージ 5
そんな時東京から恋人が

イメージ 6