anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

七つの会議


都内にある中堅メーカー・東京建電。 営業一課の万年係長・八角民夫(野村萬斎)、通称 “居眠りハッカク” はどこの会社にも一人はいる所謂ぐうたら社員。 ノルマも最低限しか果さず、定例の営業会議では傍観しているだけの八角は、トップセールスマンである課長・坂戸(片岡愛之助)からその怠惰ぶりを叱責されるが、一人飄々と毎日を送っていた。
一方、甘えたサラリーマン根性の部下は完膚なきまでに叩き潰してきた社内で絶対的存在の営業部長・北川誠(香川照之)が進める結果第一主義の方針のもと、部員たちは寝る間を惜しんで働くのだった。
そんなある日、突然、坂戸がパワハラで訴えられ異動となる。 訴えたのは、年上の部下である八角だった。 北川の信頼も厚いエース・坂戸に対するパワハラ委員会の不可解な裁定に揺れる社員たち。 
そんな折、万年二番手に甘んじてきた営業二課長の原島及川光博)が新課長として着任。 だが、会社の顔である一課で成績を上げられず、原島は場違いすら感じていた。 やがて、パワハラ騒動に隠されたある謎が、社員たちの人生、そして会社の存在をも揺るがし始めていく…

原作は池井戸潤、以前ドラマ化になっていたんですね。
主演は野村萬斎、「花戦さ」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14965248.html 「スキャナー 記憶のカケラをよむ男」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14109287.html を記事にしていますが、今作でどういう演技を見せてくれるのかが楽しみでした。
そして香川照之、「クリーピー 偽りの隣人」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14233466.html 以来の出演作を見ました。

物語は企業における謎の人事のお話です。 八角と書いて “やすみ” と読むんですが、みんなからは居眠りハッカクと呼ばれて、馬鹿にされている万年係長です。 しかしある意味キモが座っているので、上司の罵声も全く気にしません。
そんな彼が、罵られた上司をパワハラで訴えます。 周りは多少言い過ぎてはいるものの、やり手の営業部長のほうが分がいいと思われましたが、なんと左遷されたのは坂戸のほうでした。 いやそれだけではなく、彼に関わった人間はことごとく飛ばされていくんですね。
何かあると思ったのが、まもなく寿退社する朝倉あきでした。 彼女は、それを原島に相談、なんとなく二人のコンビが、ある大きな事実に、真相に近づいていきます。

まあこれは、企業ものとしてはよくある話、企業の論理もある意味わかりますが、現代では許されないこと、しかしエンドロールというか、八角が最後に語るシーンが秀逸でした。
日本人の本質を、良い面と、悪い面であらわしています。 あれがあったからこそ、この作品が締まったと思いますが。

イメージ 1
東京建電を引っ張る北川

イメージ 3
そして八角と営業一部の坂戸

イメージ 2
二人はぶつかるが、飛ばされたのは坂戸

イメージ 4
そしてこの二人も飛ばされる

イメージ 5
以前切られた下請けがまた受注を貰う

イメージ 6
そして、会社のある重要な秘密が

イメージ 7