anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ジェシー・ジェームズの暗殺


南北戦争直後のアメリカ。 ジェシー・ジェームズ(ブラッド・ピット)は、犯罪と逃亡を繰り返しながら生きてきた。
1881年9月7日。 その日、ジェシーと兄フランク(サム・シェパード)が率いるジェームズ一味は、ミズーリ州ブルーカットでの列車強盗を企てていた。 その夜の決行のために集まった一団の中に、若者がひとり懸命に自分を売り込もうとする姿があった。自分も仲間に加わり、ジェームズ兄弟の “右腕” になりたいと訴えるロバート・フォード(ケイシー・アフレック)。 おどおどしているくせに自惚れだけは人一倍強いその若者の申し出をジェシーはためらいもなく受け入れた。
南北戦争で南軍ゲリラとして戦ったジェームズ兄弟は、戦争に敗れた後、銀行強盗や列車強盗を繰り返していたが、新聞は彼らのことをあたかも義賊のように書きたて、その “活躍” を英雄的に描いた 「ジェームズ兄弟物語」 なる三文小説まで出版されていた。
幼いころから、そのことごとくを読みあさり、ジェシーに強い憧れを抱いていたのがロバートだった。 ブルーカットでの列車強盗を最後の仕事にしようと考えていたフランクは、その後、ジェシーと距離を置くようになり、仲間のもとを離れていく。
残された者たちも、それぞれ分散して身を潜めることになったが、ジェシーはロバートだけは側に残るようにと命じる。 他のメンバーを差し置いて自分が指名されたことにロバートは有頂天になる。 しかし、一緒に暮らし、伝説の人物の現実の姿をまのあたりにするうちに、彼の中に憧れとは別の感情が生まれ始める。
さらに、仲間の中には、ジェシーの首にかかった破格の懸賞金を目当てに、裏切りを画策する動きも出てきていた。 疑念と焦燥の中で、時に凄まじい怒りを爆発させ、殺気さえ漲らせるジェシー
憧れと恐怖、失望と野心…その内側に恐ろしいまでの葛藤を抱えるロバート・フォードの視線の先には、つねに偉大なる男ジェシー・ジェームズがいた…

実在の人物の自伝的な作品ですね。
監督はアンドリュー・ドミニク、「ジャッキー・コーガン」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/9283180.html も同じくブラプが製作、主演でした。
ジェシー役でブラッド・ピット、「マリアンヌ」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14740832.html では悲しきスパイでしたね。
ボブ=ロバート役はケイシー・アフレック、「A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15768001.html では夫役を、「マンチェスター・バイ・ザ・シー」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14926205.html では主演でしたが、悲しい役でしたね。

物語は、1800年代、南北戦争が終わった頃に、ならず者を集めて犯罪を起こしていたジェシー・ジェームズのお話です。 彼の元に、兄のチャールズを頼り、憧れていたジェシーの元を訪ねてきたフロバート=ボブがやってきます。
まずボブは、ジェシーの兄・フランクに挨拶をするんですが、彼には気に入られませんでした。 しかしジェシーはなぜか彼を迎え入れます。 それだけでなく、自分の周りに置こうとするんですね。 ちょっと得体の知れない20歳の若者、早くもジェシーの回りに今までいたものたちは、ジェラシーを感じ始めます。
しかしジェシーは巧みに周りをフォローしながら、列車強盗、銀行強盗を行っていきます。 しかし、ジェシーは裏切り者は許しません、彼独特の追い込み方で切っていきます。 切ると言うのは殺すという事を意味します。
しかしだんだんと、亀裂が入っていきます。 そして統率をするよりも疑心暗鬼になっていくジェシー、そしてとうとう事が起こります。

今作は160分の長編、ジェシーが暗殺され、その後暗殺犯も殺されるまでを画がいていますが、そこに至った過程、その後の暗殺者の最後まで生々しいものでした。
しかしジェシーというのは犯罪軍団の親玉でしたが、やたら人気があったんですね。死んでからも死体が奪い合われたり、写真が売買されたり、異様な人気があった存在だったということですね。

イメージ 1
伝説の男・ジェシー・ジェームズ

イメージ 2
家族のような犯罪集団だった

イメージ 3
ジェシーには家族もいた

イメージ 4
そして子供達も

イメージ 5
そこにロバートが入ってくる

イメージ 6