anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ミス・クリスマス

2017年作品、ケニー・ヤング監督、ブレリー・エヴァンス アンドラ・フラー ケニー・ヤング ディドリック・ボナー トラヴィス・ウィンフリー出演。

クリスマス・デザイナー・のレスリー・メージャー(ブレリー・エヴァンス)は、クリスマスプロデューサーだった。 毎年いかにクリスマスをみんなが楽しんでくれるかをコーディネイトするのが彼女の仕事だった。
彼女の1年で最大の仕事は、毎年、有名なチェスタートン・ホテルのロビーを飾ることなのだ。
このホテルのオーナーは、J・J・ジェームズ(リチャード・ガンツ)、しかし彼は孫のエドモンド・ジェームズ(アンドラ・フラー) に、そろそろこのホテルを継がそうと思っていた。 そして彼は今年のクリスマスにホテルに来たのだった。
エドモンドはすべてのビジネスで、クリスマスが表面的で軽薄であると思っていた。しかしそれは彼のビジネス・パートナーのミリセント(ペルシャ・ホワイト)の影響もあるようだった。 そして彼女はただのパートナーではなく、恋人のように振舞い始める。
彼女はクリスマス企画は今年で終わらせようと、エドモンドに言うだけでなく、今年の企画自体も小規模にしようと画策を始める。
そんなことは知らないレスリーは、着々と準備に入っているのだが・・・

老舗ホテルでの恒例のクリスマス企画、しかしその存続、さらにはホテルの存続も関係してきます。
監督はケニー・ヤング、彼も初めて見る監督です。
主演はブレリー・エヴァンス、彼女も初めてですね。
そしてエドモンド役でアンドラ・フラー、見た事がありそうなんですが、彼も初めてかもしれません。

物語は、あるホテルでのお話です。 JJというオーナーは、苦労してこのホテルを有名ホテルにしました。 そして毎年のクリスマスは、宿泊客が喜ぶような華やかで温かい企画を毎年行っていました。 その役目をしているのが、レスリーでした。
彼女は明るく、誰よりもクリスマスが大好きでした。 彼女は独特の明るさを持っており、彼女と話すと楽しくなる、クリスマスがもっと楽しくなる、そんな感じのパワフルな女性です。
しかしそこに現れたJJの孫のエドモンドと、ミリセント。 特にミリセントは、レスリーとは正反対で水と油、しかしエドモンドに与える影響は強いんですね。 しかし彼女はある計画を持ってエドモンドに近づいてきていました。 それはホテルに対するコンセプトを大幅に変えてしまうことでした。
レスリーはそんな中、持ち前のパワフルさと明るさで、エドモンドと意気投合します。
ホテルでのクリスマス、もちろん日本でも、一大イベントですよね。 私はそんな体験はありませんが、ホテルで過ごすクリスマスもいいのかもしれませんね。
でもお客さまあってのホテル、果たしてJJが今まで築き上げたホテルは守られるんでしょうか?

イメージ 1
今年もJJから依頼を受けるレスリーたち

イメージ 2
準備は着々とすすんでいたが

イメージ 3
そこに現れたエドモンドと

イメージ 4
ミリセント

イメージ 5
そして二人は

イメージ 6