anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG その9

2004年作品、松本淳原正行監督、 田中敦子 阪脩 大塚明夫 山寺宏一  声の出演。

第25話 楽園の向こうへ THIS SIDE OF JUSTICE
クゼ(小山力也)と邂逅を果たす草薙 (田中敦子)、そして茅葺(榊原良子)の救出に成功する荒巻(阪脩)──事態は収束に向かうかと思われた。 だが、タチコマ玉川紗己子)が掴んだ情報は、9課の動きが未だにゴーダ(西田健)の予想の範疇を出ていないことを示していた。

第26話 憂国への帰還 ENDLESS∞GIG
この終焉は、通過点の一つであり、又始まりでもあるのだろう。 自らを賭して攻撃を阻止したタチコマ。 革命の行く末を見極めることなく逝くクゼ。 ゴーダとの因縁を精算する9課。そして──。

とうとう核ミサイルが発射されたその時、素子の命令と違う行動を取ったのがタチコマたちでした。 1作目と同じように、“ゴースト” がもう存在する彼らは、各を大気圏外で爆発させる方法を思いつくんですね。 しかしそれは、またも彼らの存在をなくする方法であるんですね。 これもまた切なく儚いんですが。
そして危機一髪内戦は終結し、クゼは投降します。 しかし一歩遅くクゼは殺されてしまうんですね。
心に大きな穴が開いた素子は、後継機種のウチコマに乗ってどこかへ行くところで終了します。
テレビシリーズのここまでが第一期という感じですね。 そして劇場版に続いていきます。

イメージ 1
クゼの戦い

イメージ 2
バトーたちも

イメージ 3
難民との戦いも終結

イメージ 4
しかし素子はやりきれなかった

イメージ 5