anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬


祖国イギリスの危機を救ったのも今や昔、一時は諜報機関M17のエースとなった敏腕スパイ、ジョニー・イングリッシュ(ローワン・アトキンソン)もモザンビークでの任務でヘマをしたことから自信を喪失、今やチベットの僧院に引きこもり状態だ。 
そんな折、イングリッシュはM17から新たなミッションの要請を受けるが、彼の不在の8年の間に、M17はすっかり様変わりしていた。 イングリッシュ憧れのエース級諜報員アンブローズ(ドミニク・ウェスト)が健在であったことがせめてもの慰め。
新しく上司となった女性、通称ペガサス(ジリアン・アンダーソン)は英中首脳会談に出席予定の中国首相に暗殺の動きがあるという。 イングリッシュに命じられたのは、その情報収集と暗殺の阻止。
新人スパイのタッカーを助手に迎え、イングリッシュは情報提供者フィッシャーに接触すべく香港へ飛ぶ。 フィッシャーによると、暗殺計画の背後には “ボルテックス”と呼ばれる3人組が暗躍しており、彼はそのひとりだったとのこと。 そしてボルテックスは、その3人が所有する鍵を合わせることで作動する秘密兵器を所有しているという。
掃除婦を装った老婆の暗殺者に命を狙われながらも、何とか鍵のひとつを手に入れたイングリッシュだったが、それはあっけなく敵に奪われる。 M17の心理学者ケイト(ロザムンド・パイク)から催眠療法を受け、イングリッシュは二人目のボルテックスを特定。 その男カーレンコ(マーク・イワナー)から、今度は首尾よく鍵のひとつを手に入れる。
だがカーレンコは、またしても現れた老婆に襲撃され、いまわの際に “3人目のボルテックスはM17にいる” という言葉を残す。 ところが、ロンドンに戻ったイングリッシュにボルテックス疑惑が向けられ、イングリッシュは濡れ衣を晴らそうと必死に駆け回る。
スイス山中に舞台を移した首脳会談は刻一刻と近づいており、暗殺者はその時を狙っている。 はたしてイングリッシュは真犯人を捕まえ、陰謀を阻止することができるのか…

さて2作目ですね。 いきなりアジアで修行中のジョニーでした。
監督はオリヴァー・パーカー、作品を見るのは初めてですね。
今作のヒロインはロザムンド・パイク、彼女の代表作は 「ゴーン・ガール」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/12491242.html ですよね。 イメージとは違う役でしたが、見事でした。
そしてジリアン・アンダーソン、近作は 「英国総督 最後の家」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15641581.html となります。

物語は、大きな失敗をやらかして、首ではないようですが、旅に出てしまい、チベットで修行に入っていたジョニー。 しかしやはり呼び戻されるんですね。 中国の首相暗殺を阻止するという大きな仕事ですが、今回は助手に新人スパイが起用されます。
ボフが不在なんですよね。 しかしどうやら裏切り者がいるようで、ジョニーがまた窮地に陥ります。 しかしチベット修行が生きるんですよね。
ボフが不在ということですが、実は出演シーンがあったといううわさがあります。 しかし最後にカットされたということみたいですが、ノーカット版も見たいところですが。
そして公開中の新作となります。

イメージ 1
チベットにいたジョニー

イメージ 2
そして呼び戻されたジョニー

イメージ 3
そして暗殺を食い止めるために

イメージ 4
戦うが

イメージ 5
しかし内部にスパイが

イメージ 6