anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

億男

2018年作品、大友啓史監督、佐藤健 高橋一生 藤原竜也 北村一輝出演。

身内の借金の保証人になった一男(佐藤健)は昼間は図書館司書、夜はパン工場で働き、いつ終わるとも知れない返済の日々を過ごしていた。 ところがある日、宝くじに当選、手元に3億円もの大金が舞い込んでくる。
急なことに戸惑って仕方のない一男はITで大金持ちになっている大学時代の親友九十九(高橋一生)のもとを訪ねる。 そして彼は “一万円札のうんちく” を語りだす。 そして、とりあえず使ってみようと言ってパーティーを開くのだった。
そこにはパリピ女子のあきら(池田エライザ)がいて中央のポールダンスの舞台で踊って見せたりしていた。 なれない会場の空気に飲まれつつもお酒を浴びるように飲んだ一男だった。
翌朝になり目覚めると、3億円と九十九は姿を消していた。
3億円の行方と九十九の真意を探るため、あきらを頼って、九十九のビジネスパートナーを巡っていくことになる。
そもそもどうして九十九を頼ったのか? それはただ大学の時の友達というだけではなく、事業で成功し、資産数十億になっていて、金の使い方を知っている、大金を持っている事に慣れていると思ったからだった。
最初に出会ったのは自称スーパーエンジニアの百瀬(北村一輝)という男だった。 競馬場の特等席で大金を賭けて遊ぶ百瀬の姿を見て一男は圧倒されてしまう。 百瀬はポンと100万円を一男に貸すと、好き勝手に競馬をやってみろと言い出す。
一男は最初のレースで万馬券を当てて、1億円にした後、大負けして全てをすってしまう。 ところが、これは百瀬の一人芝居で、実際に金銭は1円も行き来していなかった。
一男はお金というものの存在を考えるようになって行くのだった・・・

この作品はもっと軽いと思っていましたが。
主演は佐藤健、近作は 「いぬやしき」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15481600.html 「亜人」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15170685.html ですが、今作は普通の人間役です(^^)

物語は、3000万円の借金を背負ってしまい、妻子と別居している一男のお話です。寝る時間を削って借金の返済、生活費を稼いでいますが、このままでは数十年かかってしまい、心もすさんでいます。 娘と一緒に過ごしているときに福引で当たった宝くじが、なんと3億円当たってしまいます。
これで妻と娘と一緒に暮らせる、しかし残りをどうしたら良いか? 銀行からは、大金をつかんだ事で不幸になったり、死んだりした人間の事を聞かされ怖くなってしまいます。 そこで頼ったのが、大学時代の親友、同じ落研にいた古河九十九でした。 彼は大学を辞め事業を起こし、急成長して財を成していたからです。 でもそんな彼が3億円を持って消えてしまいます。
詐欺事件を追う主人公の物語、原作を知らないと誰もがそう思ってしまいますが、実は今作はお金とは? という人間の一番深いところをついたお話になっています。 大倉一男が一人ひとり、大金を稼いだ人間に遭い、それもみんな九十九と一緒に会社をやっていた人間、しかしそれぞれまったく別の道を、生活をしているんですね。
自分には縁のない世界かもしれませんが、誰しも見る夢がかなったら、教訓のような作品かもしれませんね。

イメージ 1
娘とした福引で宝くじが

イメージ 2
借金を背負って妻と娘とは別居している

イメージ 3
そしてその宝くじで3億円を当てる

イメージ 4
まずは九十九の言うとおりパーティーをするが

イメージ 5
九十九は消え3億円も消え、彼女を頼って捜し始める

イメージ 6