anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

事件

1978年作品、野村芳太郎監督、永島敏行 松坂慶子 大竹しのぶ 佐分利信出演。

神奈川県の相模川沿いにある土田町の山林で、若い女性の刺殺死体が発見された。 その女性はこの町の出身で、新宿でホステスをしていたが、一年程前から厚木の駅前でスナックを営んでいた坂井ハツ子(松坂慶子)であった。 数日後、警察は十九歳の造船所工員・上田宏(永島敏行)を犯人として逮捕する。
宏はハツ子が殺害されたと推定される日の夕刻、現場付近の山道を自転車を押しながら下りてくるのを目撃されていた。 警察の調べによると、宏はハツ子の妹、ヨシ子(大竹しのぶ)と恋仲であり、彼女はすでに妊娠三ヵ月であった。
宏とヨシ子は家を出て横浜方面で暮らし、子供を産んで、二十歳になってから結婚しようと計画していた。 しかし、ハツ子はこの秘密を知り、子供を中絶するようにと二人に迫った。 ハツ子は宏を愛し、ヨシ子に嫉妬していた。
その頃ハツ子には宮内(渡瀬恒彦)というやくざのヒモがいた。 彼女は宮内と別れて、宏と結婚し、自分を立ち直らせたいと思っていたのだった。 ハツ子が親に言いつけると宏に迫った時、彼はとっさに登山ナイフをかまえて彼女を威嚇した。 宏が一瞬の悪夢からさめ気がついた時、ハツ子は血まみれになって倒れていた。
上田宏は逮捕され、検察側の殺人、死体遺棄の冒頭陳述から裁判が開始される。果たして本当に宏が殺人を犯したのかという疑問を含め、裁くもの裁かれるものすべてを赤裸々にあばきながら、青春そのものが断罪されていく・・・

大岡昇平推理小説推理小説が原作となります。
監督は野村芳太郎、「疑惑」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15674556.html を記事にしています。
主演は永島敏行、「北の桜守」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15426419.html が近作ですね。
そして松坂慶子、「僕に、会いたかった」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15960211.html が近作です。
大竹しのぶは、「のみとり侍」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15528176.html が映画としては近作でしょうか。

物語はある女性の殺された殺人事件についての法廷劇です。
殺された女性はホステスをやっていて、田舎に帰ってきたハツ子が刺し殺されました。 そして容疑者は幼馴染の宏、しかし彼はハツ子の妹のヨシ子と付き合っているんですね。
どうして殺してしまったのか? そこには若い人間たちの葛藤があったようです。

今作は、皆が若いんですよね。 特に大竹しのぶが若いし、今とはイメージがやはり違うんですが、今作では、ちょっとただの女の子ではない演技を見せています。 後の大女優の片鱗を見せているといったら大げさかもしれませんが、「麻雀放浪記」  https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15933537.html もそうですが、女優としての開花時期だったかもしれませんね。

イメージ 1
殺人犯として逮捕された宏

イメージ 2
被害者はハツ子

イメージ 3
妹のヨシ子

イメージ 4
そしてハツ子のヒモの宮内

イメージ 5
そして法廷が始まる

イメージ 6