anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ANTIPORNO アンチポルノ

2017年作品、園子温監督、冨手麻妙 筒井真理子 不二子 小谷早弥花出演。

京子(冨手麻妙)は、小説家兼アーティストとして一躍時代の寵児に。 日々、極彩色の部屋に籠もり、マネージャーの典子(筒井真理子)が伝えるスケジュールを分刻みでこなしていくうちに、終わらない悪夢のように思えてくる。
自分は京子なのか、京子を演じているだけなのか。 虚と実の狭間で、秘められた京子の過去が浮かび上がってくる・・・

園監督らしい仕上がりでした。
監督は心筋梗塞で倒れて、緊急手術を受け今は退院しています。 しばらく静養ですかね。
主演は冨手麻妙、今回は大抜擢ですよね。 園監督作品の 「新宿スワン」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/13108719.html 「リアル鬼ごっこ」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/13258754.html に出演、今はいろんな作品に出始めています。
そして筒井真理子、「サムライマラソン」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15891817.html が近作ですが、「jam」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15793284.html での演技がよかったですね。

物語は、京子のお話です。 絶対服従のマネージャーの典子をあごで使う高飛車なアーティスト、彼女の前には誰もがひれ伏す。 しかし実際は、そんな役をしている新人女優、典子役の女性はこの業界の大先輩で彼女の演技を酷評します。
しかし・・・

今作は京子の生きている世界が夢なのか、現実なのか、その狭間の境目がわからないんですね。 彼女自身がずっと夢を見ているのか? 時折現実に引き戻されるのか。
もちろん日活ロマンポルノの復刻ですからエロティックなシーンはふんだんで、彼女の体当たりの全裸シーン満載ですが、それ以上に幻想的な世界をその監督らしい色使いで表現していますね。

イメージ 1
小説家兼アーティストの京子

イメージ 2
マネージャーの典子をあごで使う

イメージ 3
しかしそれは虚構なのか?

イメージ 4
立場は逆なのではないか?

イメージ 5
京子自身もわからなくなる

イメージ 6