anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

夏目友人帳 いつかゆきのひに

2013年作品、出合小都美監督、神谷浩史 井上和彦声の出演。

ある雪の日、夏目(神谷浩史)は小さな雪だるまのような妖と出会う。 その妖はあたたかいものを探しているというが、夏目には何を探しているのかがわからない。 モコモコと名付け、話を聞くと、夏目の家にはたくさんのそのあたたかいものがあるという。 モコモコが触れたものは全て凍ってしまうため、寒い寒いと嫌がるニャンコ先生を尻目に、夏目はモコモコの探し物を一緒に探しにいくことにする・・・

さて4期のもうひとつのアニメオリジナル、特典のお話です。 今作はスノーマンのようなお話でした。
雪だるま君に夏目は、モコモコと名づけるんですが、もちろん雪だるまなんで、手にしたものは凍らせてしまうし、なかなか厄介な奴なんですね。
でもそんなモコモコは何かを必死に探しているんですね。 それがなんなのか? 具体的には言いませんが、彼はただ “温かいもの” というんですね。 雪だるまなのに温かいもの?
しかし心優しいモコモコは、自分がいると夏目たちに迷惑をかけると思い、一人で見つけるといって出てしまいます。 いったい彼は何を探しているのか?
この2作品は、殺伐とした感じではなく、ちょっと温かい作品になっています。 そしてスピンオフなんかもあっていいのかも? そんな思いにさせてくれる2編でした。

イメージ 2
雪が降ってきた

イメージ 1
そんな日に

イメージ 3
雪だるまの妖怪に出会う

イメージ 4
家に呼ぶが、何かを探している

イメージ 5
モコモコと名づける

イメージ 6