anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

泣き虫しょったんの奇跡


これまで何かに熱を入れることもなく日々を過ごしていた小学5年生の “しょったん”こと瀬川晶司は、中学生でプロ棋士になった谷川浩司棋士のニュースで “プロ棋士” という職業を知る。 隣家に住む鈴木悠野も将棋が好きなことを知ると、二人で将棋を指すようになる。 やがて、しょったんの父・敏雄(國村隼)の勧めで将棋道場へ通い始めるとめきめき上達していくのだった。
そして中学生の大会にふたりで出場したときは道場主の工藤一男(イッセー尾形)に連れて行ってもらう。 しかしなんと二人は1回戦で当たってしまう。 しょったん(窪塚愛流は、悠野(後藤奏佑人)に負けてしまう。 しかし悠野も決勝で負けてしまい、この大会で優勝できなければ、プロの道はあきらめるといった彼は、そのままプロへの道をあきらめてしまう。 そしてしょったんは、中学3年生で奨励会の試験に合格する。
奨励会には、26歳の誕生日までに四段にならなければ退会という鉄の掟がある。 22歳の夏に三段に昇段したしょったん(松田龍平)だったが、様々な理由で奨励会を退会していくライバルたちを見て、将棋を指す意味を自問自答する。 しょったんが現実から目を背けるように棋士仲間たちと遊び回っているうちに、悠野(野田洋次郎)がアマ名人になったことを知る。 そして、最後の三段リーグでチャンスはあっけなく潰える。
人生の目的を見失ったしょったんは、奨励会を退会すると何をすることもなく堕落な生活で実家に住み着くが、兄の靖司(大西信満)は我慢できず、弟を一括する。 しかし父は、今まで頑張ってきたので少し休めといってくれる。
そしてしょったんは、大学に入り卒業して会社員となり、将棋盤に向かうこともなくなる。 そんなある日、しょったんの夢を応援してくれていた父が事故で突然他界する。 傷心のしょったんは悠野の家で久しぶりに将棋を指すことになり、改めてその面白さに気づく。
将棋を再開したしょったんはアマチュアの大会で頭角を現し、アマ名人になる。 そして、アマチュア強豪の藤田(小林薫)と新聞記者の新條(三浦誠己)から、プロ編入試験の話を持ちかけられるのだった・・・

将棋の作品が近年多いですね。 でも、若い天才棋士が現れ、少しブームが起きているんでしょうね。 今作は瀬川晶司の自伝映画で、彼の自身の原作です。
を見ています。
主演は松田龍平、近作は 「羊の木」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15377776.html ですね。

物語は、将棋が好きな自分に気がつき、それを目指そうとする瀬川のお話です。 彼を押してくれたのがまず父親ですが、もう一人、小学校の担任だった鹿島澤佳子でした。  松たか子が演じていますが、こういった担任がいたら、夢を追いかけたくなりますし、勇気が湧きますね。 彼が佳子先生に背中を押されてことが、後の復活劇につながって行きます。
いったんは年齢制限で夢を断念したしょったん、しかし将棋が本当に好きだった彼は、再び将棋を始め、そしてある人物と出会い、プロへの再チャレンジを開始します。
松田龍平の淡々とした演技が、却って好感を持てるそんな作品でした。

イメージ 2
好きなことを褒められる小学生時代のしょったん

イメージ 3
父から町の将棋道場の話を聞く

イメージ 4
そしてプロの道をめざす

イメージ 1
そして同じ志の仲間たち

イメージ 5
しかし年齢制限でいったんは断念するが

イメージ 6