anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

トイレの花子さん新章 花子VSヨースケ

2016年作品、鳥居康剛監督、志田友美 竹内えり 杉江大志 加藤明子出演。

除霊師見習いの雫音(志田友美)は、師匠の美代(竹内えり)とともに修行の旅に出ていた。 雫音は霊の感情に共感しすぎる未熟な部分があり、霊の思念に飲み込まれないよう美代から注意を受ける。
そんな中、ふざけて廃校に忍び込んだロックバンドのメンバー、ミカ(多田愛佳)やジョー(淳士)たちが肝試しをしていたところ、一緒に参加していたや友人の亜紀(横山ルリカ)が悪霊に襲われ命を落としてしまう。 メンバーたちはこの事態に怖じ気付き、美代と雫音を訪ねる。
彼らの話から邪悪な霊の存在を感じ取った雫音は、除霊のために廃校へと向かうが予想をはるかに超える強大な闇の力を持った霊との戦いで窮地に立たされてしまう。
美代と謎の女性・泉(加藤明子)になんとか助 け出される雫音。 しか し、この事件は悪霊との壮絶な戦いの序章に過ぎなかった…

トイレの花子さん」 という作品はいろいろありますね。 有名な都市伝説のなんで作品化が多いですね。
監督は鳥居康剛、「寄生侵略 PARASITE WAR」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15349773.html が一番新しい監督作品となります。
主演は志田友美、彼女は初めて見るようですね。 “夢みるアドレセンス” のメンバーということですが。
そしてHKT48所属時代の多田愛佳、「富江 アンリミテッド」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15496519.html で映画デビューしていますし、上記の監督作品は主演でした。

除霊師見習いの雫音は能力は強いものがありますが、大変優しい性格なんですね。 これは除霊する側にとっては危険なものでした。 相手が弱い霊ならいいのですが、邪悪な霊には同情は禁物、そして今回相談に来た若者たちが行った先はそんな危ない場所だったんですね。
すでに犠牲者が出ているところ、一応美代と一緒ですが、想像を超えたレベルの悪霊がいる場所なことがだんだんわかってきます。 彼女を救ったのは謎の女性:泉でした。 そしてここにいる霊はどうやら男、それも幼い少年のようなことがだんだんわかってきます。
今作では、VS物なんですね。 もちろん花子が登場しますが、新参者に対する強烈な力を発揮猪する王者的な立場でヨースケに向かって行きます。 これは「貞子VS伽耶子」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14235882.html 的な感じですが、もうちょっと闘いは小ぶりです。
しかしヨースケの正体がまたちょっと悲しいんですが。

イメージ 1
ロックバンドたちが

イメージ 3
廃校に行ってしまう

イメージ 4
しかしここは恐ろしい邪悪な霊がいた

イメージ 5
助けに向かう雫音たち

イメージ 6
そして少年が

イメージ 2
この強い力に立ち向かうには

イメージ 7