anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

死霊館のシスター

2018年作品、コリン・ハーディ監督、タイッサ・ファーミガ デミアン・ビチル シャーロット・ホープ ジョナ・ブロケ出演。

1952年ルーマニア。 修道院で修道女が何ものかに怯えるように自死してしまう。 キリスト教徒にとって最大のタブー “自死” をなぜ修道女が選んだのか謎は深まるのだった。
バチカンは信頼の厚いバーク神父(デミアン・ビチル)に調査を依頼する。 彼はこういう厄介な事件を担当している存在で知られていたが、今回はその助手として “土地勘がある” という修道女見習いのアイリーン(タイッサ・ファーミガ)が指名されていた。 ところがアイリーンはルーマニアに行ったことすらなかった。
自殺した修道女を見つけたのが、地元の青年フレンチー(ジョナ・ブロケ)で、まず二人は彼のところに行く。 そして嫌がる彼に教会への案内を頼むのだった。 でも教会に向かった二人は教会の異様さを感じるのだった。
教会の周辺は十字架で溢れていたが、これは墓場ではなく教会を封印するために立っているように見えた。
数日後にフレンチーに迎えに来てもらうように依頼した二人は、教会内に歩を進める。 そこには修道院長がいつの間にか座っていて、翌日の調査を約束する。
その夜、神父はかつて悪魔祓いを行い、救えなかった青年の影を見かける。 それが彼のトラウマだったのだが、彼の影を見た神父はあとを追いかけてしまう。
神父は、途中で少年の姿をした悪魔に襲われてしまい、そのまま地面に倒れこむとそこには、ちょうどきれいに掘って地面に埋められていた棺桶があり、閉じ込められてしまう。
墓石には神父の名前が刻まれていたが…

監督はコリン・ハーディ、もう1作監督作品がありますが、未見です。
主演はタイッサ・ファーミガ、「記憶探偵と鍵のかかった少女」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/12202656.html が近作でヒロイン役でした。
ジョナ・ブロケは初めて見るようですが、実は 「エル ELLE」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15114740.html に出演したようです。

物語は、あの 「死霊館」 の一連の事件で、時をり横切るシスター姿の悪霊についてのお話です。 それは遡ること1952年のお話です。 それがこの教会でした。 なぜ禁断の自殺をシスターがしてしまったのか? そもそもこの教会自体が何かの結界のような雰囲気を持っているようです。
神父とともにここに同行したアイリーンは、実はまだ正式にシスターにはなっていないんですね。 見習いというか、彼女自身決めかねている感じですが、でも彼女には何か未知の力があるようです。 だからこそ選ばれたんでしょう。
この教会はどんな過去があるのか? そこがわかることで、邪悪な存在がわかってきますし、どうやらバチカンはこれを知っていたんでしょうね。
タイッサが歳の離れたヴェラの作品でるのもまたいいですね。

イメージ 1
ここで自殺があった

イメージ 3
謎のシスターが

イメージ 4
不気味な教会だった

イメージ 5
そして彼女が内部に

イメージ 2
そしてだんだん秘密が解けてくる

イメージ 6