anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

トイレの花子さん 新劇場版

2013年作品、山田雅史監督、上野優華 水崎綾女 安田聖愛 田中瞳佳出演。

高校1年生のさよ(上野優華)は母と2人で、東京から祖母が待つ田舎町に引っ越してくる。 転校初日、友達になったのはクラスメイトの真帆(安田聖愛)。 だが、彼女はクラスの中でいじめを受けていた。
そのことに気付いたさよだったが、自分が仲間外れになることを恐れ、真帆を助けてあげることができない。
そんなある日、真帆がトイレに閉じ込められてしまう。 一度はクラスメイトと一緒に帰宅したさよだったが、夜になって真帆のことが心配になり、学校に戻る。 そこで目にしたものは、不可解な死を遂げた真帆の姿だった。
しかし、この悲しい出来事は、これから学校で起こる恐ろしい事件の始まりに過ぎなかった…

いじめから始まるホラー、最近はそういうパターンの作品を良く見かけますが、それがホラーだったり、サスペンスだったり。
ひとりかくれんぼ 劇場版」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/373613.html も撮っていますね。
主演は上野優華、「人狼ゲーム インフェルノ」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15485390.html そしてその前編部分のドラマ版、「人狼ゲーム ロストエデン」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/MYBLOG/yblog.html?m=lc&sv=%A5%ED%A5%B9%A5%C8%A5%A8%A5%C7%A5%F3&sk=0 にも出演していました。

物語は苛められていた真帆に対して、何とか彼女は転校してきて、自分だけは力になろうと思ったさよのお話です。 虐めを止めることはできなかったさよですが、何とか彼女を励まそうと慰めることには成功しました。 しかしトイレで死んでいた彼女は結局自殺で処理されてしまいます。
葬儀に出席したのはさよだけ、学校はかたくなに虐めなんて存在しないと言い張るんですね。 もちろんこれは自殺を苦にした虐めからの自殺ではないと開き直る学校側。 しかし、そのきっかけを作っていたのが、なんと真帆の兄と、今教師でこの地に戻ってきた小山貴子でした。
トイレの花子さんは、なんとゲゲゲの鬼太郎の最新作にも出てきます。 都市伝説の存在が妖怪に格上げですかね?(^^)

イメージ 1
いじめを受けていた真帆と友達になるさよ

イメージ 2
しかし激しい苛めの末謎の死を遂げる真帆

イメージ 3
そして苛めの中心の女子生徒が死ぬ

イメージ 4
妹のことを調べる兄の佐伯達也

イメージ 5
そして担任教師で小の学校の卒業生の小山貴子

イメージ 6
そしてこの少女

イメージ 7