anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

殺し屋1

2001年作品、三池崇史監督、浅野忠信 大森南朋 塚本晋也 SABU出演。

3人の男がある部屋に侵入すると刺青男が内臓を引きずり出されて殺されていた。死体を確認し男たちは出て行く。 ある部屋では男が女に暴行を加えSEXをしている。 それを覗く一人の男がいた。
安生組では3億円が消え、組長も消えた。 若頭の垣原(浅野忠信)は拉致されたという。 ある日事務所にジジイ(塚本晋也)がやって来て組長の件は舟木組の鈴木(寺島進)が知っているというので拉致してフックを背中に刺して吊るしてしまう。
そして串で刺しても白状しないので背中に沸騰した油をかけるのだった。 そこへ舟木組が乗り込んできてその場は収まるが。 そして今回の件の落し前をつけるといって垣原は自分の舌を切るのだった。
加納という男が組長の事を知っていると言うので白状させるとイチ(大森南朋)という男が殺したという。 初めの刺青の死体は組長だった。 再びあの部屋では男が女に暴力を振るっている。 女の顔はボコボコに腫れていた。
そしてSEXしようとしたときまた男か覗いていて、この男こそイチだった。 イチは靴についた刃物で暴力男を真っ二つに切断する。 しかし女は暴力されて喜びを感じる女だった。 イチは思わず首を切ってしまい女を殺してしまう。
そのころ垣原は安生組や舟木組を仕切る親分から絶縁を言い渡された。 垣原は安生組を継いで独立する・・・

殺伐としたお話ですが、取り止めがないところもありますね。
監督は三池崇史、近作は 「ラプラスの魔女」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15505331.html ですが、この2001年はバリバリ監督らしいです。
主演は浅野忠信、公開された 「パンク侍、斬られて候」 でもあの顔は大笑いでした(^^)
そして大森南朋、「ビジランテ」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15281736.html では下衆な長男役でした。

物語は、気弱な少年だったイチが、殺人鬼に変貌してしまう作品です。 苛められっ子だったイチは、泣きながら殺人を起こしてしまう。 それも残虐さが半端ないんですが、彼はすべていじめっ子を成敗するという感覚のようですね。
一方、どんどんなりあがっていくのが垣原です。 落とし前をつけるときに、自分の舌の一部を切断しますが、そのあと普通にしゃべれるところ、彼は舌が再生すると嘯くんですが。
しかし今作は、ある男が裏から操っているんですね。 そしてその男こそが最強なんですがね。
三池監督ならではの暴力、残虐作品でした。

イメージ 1
のし上がろうとする垣原

イメージ 2
若い男に命令するジジイ

イメージ 3
彼はDV男を真っ二つに

イメージ 4
口を縫っている垣原

イメージ 5
そして彼が一だった

イメージ 6