anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

それから

2017年作品、ホン・サンス監督、クォン・ヘヒョ キム・ミニ キム・セビョク チョ・ユニ出演。

アルム(キム・ミニ)は大学教授の紹介で、評論家としても有名なボンワン(クォン・ヘヒョ)が社長を務める小さな出版社 “図書出版カン” で働くことに。 ボンワンは毎朝4時半に起きて出勤し夜遅くまで帰らないため、妻(チョ・ユニ)は浮気を疑っている。
出勤初日、ボンワンは近所の中華料理店で昼食を共にする。 敬語はやめようと一気に距離を縮めようとするボンワンに、アルムは戸惑いを覚える。 評論家として文芸賞の選考委員を務めるボンワンに、アルムは文芸誌に応募していることを話す。ボンワンはアルムに小説を見せてくれと言い、嬉しくなったアルムはボンワンに、「生きる理由は?」 と問いかける。 ボンワンがすぐに答えられないでいると、アルムはよどみなく自分 の意見をぶつける。 ボンワンは圧倒され、感心するしかなかった。ボンワンは不倫関係にあったアルムの前任者チャンスク(キム・セビョク)を思い出していた。 同じ店で、チャンスクに卑怯な人間だと酷く責められたのだ。
その日の午後、浮気の証拠を見つけたボンワンの妻が出版社に踏み込んできて、アルムを愛人と勘違いして殴りつける。 アルムは今日が初出勤だと説明するが、妻は信じない。
ボンワンは、不倫相手は外国に行き、居場所は知らないと答える。 夜、ボンワンはお詫び代わりにアルムを食事に連れて行く。 アルムは仕事を辞めようとするが、ボンワンに引き留められる。
ところが、その夜チャンスクが現れる。 ボンワンとチャンスクは愛を確かめ合うと、また一緒に仕事をすることに。 そして次の日出勤してきたアルムに、舌の根も 乾かぬうちに仕事を辞めてほしいと頼む。 
アルムは憤慨するが、ボンワンが持って行っていいと言った本を持ち出し、出版社を去る・・・

今作も監督らしいタッチの作品ということでしょうか。
今作の主演はクォン・ヘヒョのほうになりますね。
そして新しい従業員としてキム・ミニがやってきます。
不倫相手のチャンスク役でキム・セビョク、他作品は1本出演歴がありますが、初めて見る女優さんです。
妻役はチョ・ユニ、他作品でも出演歴がありません。 しかし激しい役でした。

物語は、評論家で出版社を経営しているボンワンと、妻、そして不倫相手の三角関係の中に、入り込んでしまったアルムのお話ですね。 若い従業員に手をだしてしまい、泥沼に入って 行くんですが、煮え切らないボンワンにいったんは愛想を尽かして出て行くチャンスクです。
そうなると、会社は人手がなくなってしまうので、紹介でアルムが入社してくるんですね。 しかし彼女も結構、ボンワンに突っかかってくるんです。 実は彼女は信仰があり、それを社長にぶつけてきます。
運の悪いことに奥さんが会社に乗り込んできて、アルムが不倫相手だと勘違いされてしまいます。
さて、今作はストレートな不倫ドロドロ劇ですね。 しかし最後はなんか、収まるところに収まった感じ。 でもやっぱり男って奴はしょうもない生き物だなあという痛烈さがありました。

イメージ 1
不倫関係の二人

イメージ 2
しかし出て行ってしまい、アルムを雇うことに

イメージ 3
そこに妻が乗り込んで勘違いされるアルム

イメージ 4
そして今度はチャンスクがかえってくる

イメージ 5
そしてアルムは本を貰って辞めていく

イメージ 6