anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

劇場版 SPEC~結~ 爻ノ篇


当麻(戸田恵梨香)が感染したシンプルプランのウイルスは、ありふれたインフルエンザウイルスであると分かる。 一同は安堵するが、疑問を抱いた当麻は推理の末、湯田(遠藤憲一)の本名が 「ユダ(Judah)」 でありその正体がプロフェッサーJであると気付く。
同じ頃、本性を現した湯田は警察病院で厳重に保護されているSPECホルダーたちのうち大人を虐殺、子供にウイルスを感染させる。 子供たちには治療薬が効かず次々に死んでゆく。 当麻はありふれたものに見せかけて、普通の人間とわずかにDNAの違うSPECホルダーだけに致死性を持つウイルスを作成したと見抜き残酷な手口に憤る。
当麻は瀬文(加瀬亮)の見守る中、ついにSPECを使い、先人類たちの霊体である八咫烏の群れとともに空を駆け、ファティマ第三の予言に現れる 「左手に火の剣を持つ天使」 となって厚木基地内での国際会議に乱入する。
八咫烏の起こす停電と事故で世界中が混乱に陥る中、警視庁屋上のアンテナに登った瀬文と吉川(北村一輝)は、人類を滅ぼそうとするセカイ(向井理)と潤(大島優子)に遭遇する。
彼ら先人類はガイアと調和して生きるSPECホルダーであり、その目的は、地球外より飛来したアミノ酸から変異して増殖し先人類を滅ぼして発展した、欲望にまみれた現人類からこの世界を取り戻すことだった。
吉川は彼らと口論し屋上から転落させられる。 瀬文は潤に銃を向けるが、そこへ里子(栗山千明)が現れ、母として潤をかばい瀬文は銃撃を諦める。 セカイたちは時を止めて屋上から瀬文を追い払い 、湯田とともに先人類復活のための 「ソロモンの鍵」 として当麻を操り屋上に呼び寄せるが、当麻は彼らの操作を拒絶し、呼び出したSPECホルダーたちとともに対戦する。
当麻たちは卑弥呼北大路欣也)の協力でセカイらの目を欺き、彼らの予定通りに起きた基地の爆発や核ミサイルの発射をホルダーたちの協力で停止していた。
セカイは怒りにかられ、そのSPECで卑弥呼、里子とその愛に心打たれ娘として寄り添った潤、そしてSPECホルダーたちを次々に消し、地上をマグマの噴出する火の海と化す・・・

ここまで描いたか! そんな最終回でした。
今作では、「漸ノ篇」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15547053.html で登場したキャラたちが、全貌を現す回でしたね。 強力すぎる白いコンビ・セカイと潤、そしてとうとう当麻もSPECを全開にするんですね。 この世の終わりのような状況になっていく、セカイにより、人類は全面核戦争を起こしてしまい、とうとう人類がリセットされる寸前に、当麻は最後の奇策に打って出ます。
しかし勝ったと思ったその時、しぶといセカイが最後の反抗を試みます。
前作の「ケイゾク」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/MYBLOG/yblog.html?fid=0&m=lc&sk=0&sv=%A5%B1%A5%A4%A5%BE%A5%AF では、主要キャラは死ななかったのですが、さすがに今シリーズはそうは行きませんでした。
そしてとうとうこの一連のサーガの完結編がネット配信作品で放送されているんですね。 それはいつか、見れる機会に(^^)

イメージ 1
実は生きていた吉川

イメージ 2
人類をリセットしようとするセカイ

イメージ 3
そしてとうとう当麻は

イメージ 4
今までのホルダーを

イメージ 5
協力するホルダーたち

イメージ 6
二人の絆は永遠に

イメージ 7