anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

劇場版 SPEC~天~


2012年9月、海上を漂流するクルーザー内で乗客全員が死体で発見されたという事件が未詳に持ち込まれる。 その被害者たちはかつて殉職した未詳の仲間と同じミイラ化した状態であった。 体制に反抗する犯人のSPECホルダーたちは 「シンプルプラン」 という対SPECホルダー計画を中止するよう警告する。
捜査中の当麻(戸田恵梨香)と瀬文(加瀬亮)に、何者かに追われる美鈴(福田沙紀)が助けを求め、駆けつけた2人は内閣情報調査室(CIRO)の特務班たちと出会う。 その1人は瀬文の元恋人・青池里子(栗山千明)で、思わぬ再会をした瀬文は里子に一人娘の潤 (森山樹)がいることを知り自分の子ではないかと疑う。
美鈴は日本の影の支配者・御前会議が進める 「シンプルプラン」 に関する陰謀を偶然知ってしまい追われていた。 未詳には死んだはずのニノマエ(神木隆之介)が現われ、当麻を自らの組織へと誘う。
断られたニノマエは以前よりスカウトしていた美鈴を連れ去る。 美鈴は去り際に当麻に向かって 「ファティマ第三の予言」 を絶対に阻止してほしいと訴える。
ニノマエたちは御前会議のダミーメンバーたちを殺害し、一連の犯罪の犯行声明を送りつける。 公安零課トップの津田助広(椎名桔平)はその姿を現して対ニノマエの緊急会議を開き指揮を執るが、ニノマエは警視総監と潤を人質に取り体制側を脅す。
チームは御前会議の会場に立てこもる敵を急襲するがマダム陽(浅野よう子)のSPECに苦戦、何とか倒すことができたものの瀬文と里子は重傷を負い、当麻の封印したはずの左手のSPECは暴走を始める。
撤収した当麻たちの元にニノマエの居場所を知らせる美鈴からの携帯がかかる。 受話器の向こうからは銃声が聞こえ、その死を暗示するのだった・・・

さていよいよ劇場版になりますね。
今作のゲストキャラは、この 続編に引き続き出る栗山千明、近作の映画は、「無限の住人」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14892426.html ですね。
そして伊籐淳史、なんとそのままの役、ちょっと手抜き?、キャラ設定はないんですが、殺人マシーンの強度は強いですね。
そして浅野ゆう子、記事にした映画は 「獄門島」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15233029.html にまで遡ってしまいます。

さて、ニノマエとの壮絶な死闘だったドラマ版、そしてその背後にいたSPECホルダーとの戦い 「SPEC~翔~ 警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15542368.html 、当麻は左手を封印するんですね。 SPEC無しで、戦い抜く瀬文に影響されたわけもあるのかもしれませんが、死者を蘇らせる力に疑問を持ったような感じを受けました。
しかし戦いは終わったのではなく、序章だったことがわかります。 そして御前会議と証する日本の影の支配者が現れますが、そこに死んだはずのニノマエが。 スペシャルで、死者として償還した当麻は信じられないという思いに駆られますが、彼の暴走は今まで以上に激しいんですね。
ニノマエはシンプルプランを止めようと、御前会議に戦いを挑みますし、SPECホルダーに共闘をするよう要請、もちろん当麻も誘うんですが、彼女はどうもそれがおかしいことを感じます。 彼女は根っからの刑事なんです ね。
今作では再び弟のニノマエとの戦いになってしまいますが、何かおかしいんですよね。 それは彼が生きていること、そして、彼の正体が明かされていきます。
そしてとうとうもっと大きな戦いに転じていくところで、今作は終了します。

イメージ 1
死んだはずの弟が

イメージ 2
誘いに来る

イメージ 3
新たな事件も起こる

イメージ 4
そして現れたCIRO

イメージ 6
緊急事態となる

イメージ 5
そして強敵現る

イメージ 7