anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ザ・リチュアル いけにえの儀式

2017年作品、デヴィッド・ブルックナー監督、レイフ・スポール アーシャー・アリ ロブ・ジェームズ=コリアー サム・トラウトン出演。

中年の仲良し5人組が酒を飲んだ帰り、飲み足りないと感じたルーク(レイフ・スポール)とロバート(ポール・レイド)と酒屋へ入る。 ルークはちょっといらいらしていたが、するとそこへ強盗が入ってくる。 ルークは強盗には見つからない位置にいたが、ロバートは強盗に財布を奪われ、結婚指輪を渡すことをためらったため殺されてしまう。 ルークは見つからずに隠れていた。
そして6か月後、残された友人ルーク、ハッチ(ロブ・ジェームズ=コリアー)、フィル(アーシャー・アリ)、ドム(サム・トラウトン)はロバートがみんなで行こうと提案していたスウェーデンでのトレッキングに出かけることにした。 ルークはロバートを見殺しにしてしまった罪の意識が晴れないままだった。
途中、ロバートに酒を捧げ、冥福を祈る。 ドムが膝を捻挫してしまい、ロッジまでの距離がまだあるため、近道である森を抜けて行くことにするのだが、雨が降り出したため、森の中にあった小屋に逃げ込む4人。
しかし、その小屋の2階では何か儀式をおこなったような形跡があった。 そしてこの森に囚われてしまう4人だった・・・

これもNetflix作品です。 さてこれは当たりでしょうか?
監督はデヴィッド・ブルックナー、「V/H/S シンドローム」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/11921630.html の1作を監督で参加していました。 もう1本ホラー作品があるようですね。
主演はレイフ・スポール、「プロメテウス」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/6739806.html でミルバーン役、「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14433919.html にも出演していました。

物語は5人で旅の計画を練っていましたが、計画をした本人が殺されてしまい、残りの4人での旅になってしまったお話でした。 殺されてしまったロバートの発案の旅、彼の追悼の意味もあったんでしょうけど、何か不安を感じる展開ですよね。
4人が雨宿りに入った小屋、ここが問題の始まりでしたね。 何かの儀式をしていたようなこの小屋で、4人は悪夢を見るんですね。 そしてこの後恐ろしい体験になって行きます。
しかしちょっと今作は押しが弱いと言うか、因果関係がちょっとと言う感じでした。そしてこの後の展開はちょっとぶっ飛びぎみ、当たりはずれがあるオリジナル作品ですね。

イメージ 1
追悼の意味で始まった登山

イメージ 2
そして進んでいくと

イメージ 3
妙なものを

イメージ 4
これはいったい

イメージ 5
何なのか?

イメージ 6