anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル


1996年。 ビーチを走る1人の男(ション・バクストン)が “ジュマンジ” と書かれた箱を見つけ、その箱を自分の家へ持ち帰り息子:アレックス(メイソン・グッチオーニ)にプレゼントする。 いまどきボードゲーム! と言ってほっぽらかすが、怪しい光とともに、その箱の中身はカセットに変化してしまう。 アレックスはが箱の中のカセットゲームをゲーム機にセットすると彼の部屋は緑の光に覆われ、彼は行方不明となるのだった。
20年後、ある高校でオタクのスペンサー(アレックス・ウルフ)は、友人のフリッジ(サダリウス・ブレイン)の課題を代わりにやったという理由でフリッジと一緒に居残りをさせられることになる。 そして授業中、スマホで友達と話していた自分大好き人間のべサニー(マディソン・アイゼマン)もまた居残りになる。 さらに、マーサ(モーガンターナー)は体育の授業中先生に反抗し、彼女もまた居残りになる。
4人はホッチキス外しを命じられるが、フリッジが見つけた古いカセットゲーム “ジュマンジ” を見つけるとそれで遊ぶことにする。 それぞれキャラクターを決めスタートしようとした時、緑の光が部屋を照らし4人を吸い込んでしまうのだった。
スペンサーはジャングルに落下する。 そして自分の声、外見が変わっていることに気づくのだった。 そこへ落下してきた3人の他人に困惑するスペンサーだったが、それぞれが選んだキャラクターに変身し、ゲームの中の世界にいる事に気づくのだった。
スペンサーはブレイブストーン博士(ドウェイン・ジョンソン)、フリッジは背が低い男・ムース・フィンバー(ケヴィン・ハート)、マーサは美人の格闘女子・ルビー・ラウンドハウス(カレン・ギラン)に、べサニーは中年の太ったおじさん・オベロン教授(ジャック・ブラック)に変身していた。 困惑する4人の前にナイジェル(リス・ダービー)という男が現れ、彼らにジュマンジの危機を救う事を期待していると伝える 。
ナイジェルによると、昔ヴァン・プルトボビー・カナヴェイル)という男が伝説のジャガー像から聖なる宝石を盗むと、平和だったジュマンジは呪いにかけられてしまったという。 ナイジェルはなんとか宝石をヴァンから奪う事に成功したが、それをジャガー 像に戻す使命を4人に託すのだった。
彼は4人にゲームから出るにはジュマンジを救わなければならない事、それには “欠けている部分” を見つけ出す事が必要と告げ、宝石とジュマンジの地図を渡して去ってしまう。
腕に謎の3本の線、いきなりカバに喰われたオベロンは線が1本減っていた。 これは3つのライフがあるという印、そして消えてしまうとゲームから抹消されてしまいことを意味するのだった。
現実世界に戻るための冒険が始まる…

これも予告編が長く流れていましたね。 続編なのか、リブートなのか気になるところでしたが。
主演はドウェイン・ジョンソン、近作は 「ワイルド・スピード ICE BREAK」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14890605.html 「セントラル・インテリジェンス」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15220560.html というところですね。 すぐにまた主演作がやってきます。
紅一点の格闘系の女性で、カレン・ギラン、「ザ・サークル」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15255094.html に出演していました。
そして現実世界とは違いチビになってしまった役でケヴィン・ハート、ドウェインとは、「セントラル・インテリジェンス」 でのコンビ再びでした。

物語は、多少進化した “ジュマンジ” ですね。 ボードゲームから設定が1996年なので、テレビゲーム、それもカセットタイプになりました。 まあファミコン時代でしょうか。 しかし何かこのゲームは意思を持っているようで、一夜にしてカセットタイプに変身してしまう。 怖いですね。
キャラは5人、まず1996年にアレックスが引き込まれますが、残りの4人は20年待つことになるんですね。 そこで居残りで課題を与えられた4人が参加させられてしまいます。
アレックスが消えてしまった家は、息子が行方不明になって没落してしまい、今では幽霊屋敷と言われています。 年老いてしまい、すっかり年齢以上に老けてしまったアレックスの父親がいますが、もう彼自身亡霊のようですね。
いよいよ冒険の始まりとなっていきますが、どうもこの作品ダブルキャストが、足かせになっている感じがします。 テンポがいちいち現実世界との確認になってしまい、テンポが悪くなります。 ここが難点ですね。
ラストはちょっとホッコりして、1作目と似た展開になりますが、正直期待が高かっただけにちょっと残念に見えてしまいました。

イメージ 1
居残りになった4人

イメージ 2
カセットゲームが

イメージ 3
そしてキャラの姿になるが

イメージ 4
敵もやってくる

イメージ 5
そして彼と合流

イメージ 6