anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

トゥームレイダー ファースト・ミッション


イギリス・ロンドンでバイク便の仕事をしているララ・クロフトアリシア・ヴィキャンデル)、ほとんど収入がなく、大家から家賃の催促をされる、貧乏生活をしていた。 そんな彼女に、バイク便仲間から、勝てば800ポンドという、ちょっとした逃走ゲームの参加を持ちかけられる。 それは狐の尻尾をつけ、ペンキの缶に穴を開け、そのペンキが無くなるまで逃げ切れば逃走者の勝ち。
颯爽と逃げ始めるララに、多くのバイク便の男たちが猛然と追いかけはじめる。 巧みにかわしていくララ、そしてトラックの荷台で一休みする余裕を見せるが、とうとう車と衝突、事故となり警察に捕まってしまい、バイク便の男たちも御咎めを受けるのだった。
彼女を引き取りに来てくれたのは、父の会社を運営している親代わりのアナ・ミラー(クリスティン・スコット・トーマス)だった。 そして彼女はある宿題を抱えていた。
それは父の遺産相続にサインをすることだった。 実は彼女が14歳の時に、彼女の父・リチャード(ドミニク・ウェスト)が消えてしまってもう7年が経っているのだった。 資産家の令嬢のララだが、それにサインをすることで生活は安定というかリッチなものになるが、それは父の死を認めること。
ララの中にもそろそろ父の死を認めざるを得ないという気持ちがあり、書類に目を通していると、気になる個所が見つかる。 そこで今はだれも住んでいない自宅に行き、そこに生前の父が残したメッセージを見つけることができるのだった。
そしてそのメッセージを見つけた時、もう自分は生きていないだろうこと、そして父の隠された活動の一端を知ることになるララだった。
父の最後の旅は、日本にいた卑弥呼の秘密に関することだった。 彼女は日本を支配し、触れるものをたちどころに殺してしまう恐ろしい存在で、日本を支配していたが、家来の反乱により、捕まり遠くの島に生きたまま幽閉されたという話が伝わっている。
どうやら父はその島を見つけ、そこに行って消息が分からなくなったらしい。 そして最後に父たちは日本からも、その流された島からも近い香港だった。
そこにいる父が訪ねたルー・レンを訪ねて行くのだった。 しかしこれは過酷な冒険を意味していた…

ララ・クロフトと言えば、映画の世界ではアンジョリーナ・ジョリー https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/MYBLOG/yblog.html?fid=0&m=lc&sk=0&sv=%A5%C8%A5%A5%A1%BC%A5%E0%A5%EC%A5%A4%A5%C0%A1%BC でしたね。 ゲームから発生したアクションヒロインでしたが、ムキッとしたからだと美貌で、ちょっと浅黒い感じがぴったりでした。 さてリブートと言われている今作、アリシア・ヴィキャンデルはどうでしょうか?
監督はローアルユートハウグ、前作はスルーしてしまい、監督作品は初めてになりました。
主演はアリシア・ヴィキャンデル、「光をくれた人」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14956511.html 「リリーのすべて」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/13993686.html とはうって変わった役ですね。 新しいアリシアです!
そして父親役でドミニク・ウェスト、「マネーモンスター」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14208963.html に出演したのが近作鑑賞となります。
そしてダニエル・ウー、近作は「ジオストーム」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15357982.html では重要なキーマンを演じていました。

物語はララ・クロフトがお宝ハンター、冒険家になる前日譚というところですね。 アンジー版だと、もう遺産を受け継ぎ資産家で、縦横無尽に世界を股に掛けているララでしたが、今作はいきなりバイク便少女で、なにやら格闘家でもある感じなんですね。 おそらく金稼ぎのためのリングなんでしょう。 ここは肉体派になっていく途上のフリでしょうかね?
そして父の消息が気になっているララが、やっと手がかりを掴み、父が消えた地に踏み出して冒険の最初を体験していくというお話です。
まあ予告編でも感じましたが、アリシアがとにかく可愛いんですよね。 ララ・クロフトはゲームでは華奢というか、スッキリ体型ですが、どんな過酷な状況も打破できる細マッチョという印象で、まだ不屈な冒険家ララになる前の彼女が今回演じているという事と理解しました。
美形で可愛いアリシアですが、今作は恋愛は一切なくあるのは父と娘の愛情でした。 本当の意味での別れ、そして新しいララ・クロフトの誕生までを描いた作品でしたね。
続編必死ですね。 でもアリシアは忙しんじゃないでしょうか?

イメージ 1
香港に来たララ

イメージ 2
そして困難の果てにある島に

イメージ 3
そこで彼女は

イメージ 4
ルーと

イメージ 5
数々の試練に

イメージ 6