anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

去年の冬、きみと別れ

2018年作品、瀧本智行監督、岩田剛典 山本美月 斎藤工 浅見れいな出演。

フリーのルポライターの恭介(岩田剛典)は、ある記事を週刊誌のベテラン編集員小林のもとに持ち込む。 それは木原坂雄大斎藤工)という異端なカメラマンが撮影中に火災を起こし、モデルをしていた盲目の女性吉岡亜希子(土村芳)が命を落としたという事件だった。
結婚を控え自身の力を試したいと意気込む恭介だが、この事件はカメラマン雄大の姉朱里(浅見れいな)の尽力もあって、雄大に執行猶予付きの判決が出て決着を迎えていたものだった。
しかし、恭介は殺意を否定した警察の判断を疑い、改めはるか過去から雄大の人生を追うというもので、雄大は取材をしたいという恭介に興味を持ち、家のパスを渡すのだった。 恭介は雄大のスタジオに自由に出入りができるようになり、距離を詰めていく。
雄大に近づきすぎ ないようにと編集者の小林(北村一騎)は警告するが、恭介は取りつかれたように雄大を追い、彼の周辺の人物、昔の同級生、写真家友達、次々と取材を始める。
雄大と朱里は幼いころ虐待を受けていた可能性があり、その父親は不審な死を遂げていた。 そして幼いころか木原坂姉弟姉弟以上の濃い繋がりを持っていたことを言う証言者もいた。
姉弟による殺害の可能性も考えられるが、父親の死の時につけられた姉弟の傷は成人した人間の身長でないと着かない傷であることが分かっていた。 二人の協力者の存在も考えられましたがそれに当てはまる人物はいないという判断がされたのだった。
雄大は皮肉なことに事件を機に注目を浴びることになり、改めて売れっ子カメラマンとなるのだが、本人はくだらない写真ばかりだとまったく自分の大して認めていないが、朱里は褒め続けていた。
恭介はある秘密の写真がありかもしれないと小林に言い出す。 それはあのモデル焼死事件現場で雄大が、助けることもせず、燃える姿を撮った写真であり、それがあれば助けることをしなかったから殺人が立証されるのでは? というものだった。
恭介は婚約者の百合子(山本美月)との結婚式を直前に控えていた。 しかし彼はこの取材に人生をかけているという事で、百合子を疎ましく思っている態度を取り始める。
マリッジブルーともいえる状況に二人が陥り、すれ違いが続き気まずい空気が流れはじめる。 そしてそのことを知った雄大が、二人に、そして百合子に近づき始めるのだった。 また悲劇が起きる予感が走り始める…

まあ今作は、なかなか予備知識がないと騙される作品ですね。 ところどころヒントがちりばめられてはいますが。
監督は滝本智行、監督作品としては 「グラスホッパー」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/13634584.html 「脳男」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/8680567.html を見ていますが、ジャニーズ所属作品ですね、どちらとも。
主演は岩田剛典、「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15293610.html の優しい役から一変でしたね。
そして斎藤工、監督作品の「blank13」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15396797.html が高評価です。
山本美月、「貞子vs伽椰子」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14235882.html でWヒロインでした。
重要なキーマンで北村一騎、「今夜、ロマンス劇場で」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15376361.html でもいい役をしていました。

物語は、不審な女性の焼死事件の真実を暴こうとする、あるルポライターのお話という作りに一見なっています。 そして今作は、テロップが入り、「第~章」 という区切りがつく構成になっています。
冒頭は、点字で手紙を作っている盲目の女性と、彼女らしき人物の焼死のシーン。そしてなんと第二章から物語が始まって行きます。
燃えさかる炎で焼かれていく、女性を見殺しにした罪で、起訴された木原坂雄大でしたが、それを全力で裁判で殺人罪を逃れさせたのは姉の朱里のおかげでした。 そして何かこの姉弟は、不気味な関係にあることがわかってくるんですね。
この姉弟は、早くに母を亡くし、父との3人暮らしでした。 しかしいびつな関係だったようなことがだんだんわかってきます。 父が強盗に殺され、姉弟も重傷を負ったこの事件、二人は施設に引き取られますが、何か強い絆がその前からあったようです。 そして強烈なトラウマも。
そしてこの焼死事件に強烈に執念を見せるのが恭介ですね。 耶雲恭介というルポライターが、記事を書かせてくれとこの事件を追いかけはじめますが、異様な執着が感じ取れていきます。 そして章が進むにつれ、事件の背景がわかってきますが、実はそこで終わりではなく、第1章、そして最終章で大きなどんでん返しが待っているんですね。
そもそもこの事件、おおもとはやはり木原坂家なんでしょうね。 この一家がまともだったら、事件は起こらず、恐ろしい復讐も起きなかったかもしれませんが、悲しい出来事はいくつか起こってしまったかもしれません。
何かどんより暗いミステリーでした。

イメージ 1
恭介が記事を書かせてほしいとやってくる

イメージ 2
この事件

イメージ 3
雄大に密着する

イメージ 4
恭介は結婚を控えていた

イメージ 5
しかし意外な方向に流れていく

イメージ 6