anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

Zアイランド


宗形組組長の宗形博也(哀川翔)は、ある雨の日に、武史(鶴見辰吾)や信也(RED RICE)たちと高級クラブにいると、竹下組という相手側の組に襲撃を受ける。 武史は仇討を試みるも、逮捕され、10年間の投獄生活。 宗形は重症で、後遺症により、足に傷をおってしまう。 そして、組は解散する。
それから、10年後。 宗形と信也は、出所した武史を迎えに行く。 だが、宗形が面倒を見ていた、武史の娘・日向(山本舞香)は、前科者には会いたくないと、家出をしてしまう。 そして、向かった先は、日向の思い出の場所・銭荷(ぜに)島だった。 宗形、武史、信也、武史の元の奥さん、桜(鈴木砂羽)は、日向を追い、銭荷島へ向かう。
その同じフェリーの中に、宗形たちを襲った、竹下組が乗っていた。 その理由は、銭荷島に、竹下組の薬を持って逃走した吉田(宮川大輔)が潜伏しているから、見てこ いとボス(小沢仁志)に言われ、さらに犬猿の仲の若頭の木山(中野英雄)と一緒に行けと、反町(木村祐一)は言われ、ジョー(川島邦裕)、内田(千鳥・大吾)、若頭の木山という構成になってしまう。 特に反町と木山は仲が悪いため、終始口喧嘩が耐えないまま、島へ到着するのだった。
銭荷島では、咳と熱が出る疫病が流行っており、医者のしげる風間俊介)の病院には患者があふれかえっていた。 看護師の直美(シシド・カフカ)に、ちょっかいを出すしげるだが、彼女はなかなか乗ってこない。 忙しくてそれどころではない。
吉田は具合が悪く、とうとう自分が持って来た薬を自分で打ってしまい、様子がおかしくなっていく。 吉田の恋人・恵(篠原ゆき子)は、慌ててしげるを呼ぶが、二人の前で、死んでしまう。 はじめから手遅れの状態だった。
しかし死んだはずの吉田がゾンビになってしまう。 ゾンビに詳しいしげるは、慌てて恵と逃げ出すが、ゾンビ吉田は走って追ってくる。 そしてどんどん、島民を襲い、ゾンビ化は一気に広がって行ってしまう。
一方、家出をした日向は、セイラ(水野絵梨奈)と二人で島をぶらついていたがここは父との思い出の島だった。 途中島の男たちにちょっかいを掛けられるが、二人はとてつもなく強かった。 あっという間になぎ倒してしまう。 しかしその男たちも吉田から買った薬を打っていた。 そしてゾンビになりさらに二人に襲い掛かってくる。
島にいる人間で無事なのは、警官の白河(窪塚洋介)、医者のしげる、漁師・作田、セイラ(水野絵梨奈)。 セイラとはぐれた日向は、思い出の場所である神社に向かう。 そこには、タイムカプセルが産められており、父・武史の優しさに触れ、涙が溢れだしてくるのであった。
はたして生き残れるのは誰なのか?・・・

正直あまり見る気がしなかった作品でしたが、すいません、結構面白かった!(^^)哀川翔の芸能生活30周年記念作品、だから豪華キャストなんでしょうかね。
監督は品川ヒロシ、監督の時はカタカナ表記だそうです。 監督作品は見るのは2本目、「漫才ギャング」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/6659554.html を前に見ました。 
主演は哀川翔、「東京ゾンビ」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/8450968.html に出演していました。またもゾンビ作品です(^^)
妻の桜役に鈴木砂羽、「プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15414160.html で母親役をしていました。
そして鶴見辰吾、韓国作品の「密偵」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15240589.html に出演していました。
さらに殺し専門のやくざに木村祐一、「ジャッジ!」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/10935900.html に出演していました。
面白いのはくっきーですね。映画では川島邦裕表記で出ています。先日主演作品を見ましたが(^^)

物語は思いっきりゾンビ物です。 そして薬からゾンビになるタイプで、走ります。 そして音に反応します。 目も見えるんですが、それ以上に音のする方向に、行ってしまう習性が強いんですね。 そしてまあ体の 損傷が大きければ動きを停止しますが、基本頭を打つか、首を切り落とすかですね。
この島に薬を持ち込んだのが吉田なんですが、まず売りさばく事から始め、そこそこ売れて行きますが、どうもこの吉田、無理をして早く金を稼ぎたいために、自分でも薬を飲んでいたようですね。
薬で始まりあとは襲いかかり感染していくというパターン、島という閉鎖環境なんで、脱出するには船しかない。 港に行かなくてはというところですが、生き残りの島民、宗形グループ、そして反町達、それぞれの思惑で展開していきます。
品川作品はあまり見ていませんが、結構ゾンビなんで入って行きやすかったです。他作品も見る気が起きました。

イメージ 1
出所して再会する宗像と武史

イメージ 2
そして一人薬を盗んで売っている吉田

イメージ 3
日向とセイラ

イメージ 4
そして彼らも島に

イメージ 5
そしてこの二人も

イメージ 6