anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ロープ/戦場の生命線


1995年。 ロープでゆっくりと大きな物体を引き上げている。 停戦直後のバルカン半島にある村の井戸に死体が投げ込まれ、生活用水が汚染される。 先発して作業をしているのは国際援助活動家・国境なき水と衛生管理団のマンブルゥ(ベニチオ・デル・トロ)と通訳も兼ねているダミール(フェジャ・ストゥカン)だが、そこに遅れて到着したのが、ビー(ティム・ロビンス)と、初めて現地に来たソフィー(メラニー・ティエリー)だった。 彼女には極力死体を見せたくなかったが、やはり初めて死体を見て顔をしかめる。
しかし、あと一歩のところで、ロープが切れてしまう。 替えのロープが無いので、仕方なくロープを調達しに行く4人だった。 その途中で、サッカーボールの奪い合いをしている少年たちを発見する。 小さな少年ニコラ(エルダー・レジドビッチ)が年上の数人の少年にボールを取られたと言っているが、その中の一人が止めに入ったマンブルゥに拳銃で脅してくる。 危険を察知した彼は少年を車に乗せ、ボールを調達してやると言い保護することになる。
5人は、国連キャンプにいったん引き揚げ、そこでロープを調達しようとするが、あいにくここにはロープは無かった。 そこで顔なじみのゴヨ(セルジ・ロペス)からあの女性が来ていると言われる。 それは、マンブルゥが前に付き合っていた女性・カティヤ(オルガ・キュリレンコ)だった。
今はほかの女性と暮しているマンブルゥで、やはり穏やかではないのだが、彼女を送り届けてほしいとゴブに頼まれ彼女も同行することになるのだった。
しかし、様々なところでロープを探すが、旗を上げるために使っていたり、あっても売らないと言われたり、なかなか手に入らない。 その時、ニコラが、自分の家に行けばロープもサッカーボールもあるんで行かないかと言うのだった。
彼は両親が戦火を逃れ都会に行き、今は祖父(ニナド・バケリック)と暮しているのだった。 彼の家は紛争地にあり、危険な場所だが、今はそこは戦いは収まっていることが予測されているので、6人はそこを目指すのだったが…

ヨーロッパの火薬庫と言われるこの地域、とくに大変だったのが旧ユーゴでしょうね。 テロップで、“バルカン半島のどこか・・・” と出てきますが、ああ、ユーゴ紛争なのかな? と思わせられる冒頭です。
監督はフェルナンド・レオン・デ・アラノア、過去1作あるようですが、初めて作品を見ます。
主演はベニチオ・デル・トロ、近作は 「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15277735.html ですが日本公開は順番が逆になりました。
そしてティム・ロビンス、「俺たちニュースキャスター」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15143526.html 「グラインドハウス」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/13167326.html に出演していますが、古いところでは 「さよならゲーム」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/9334633.html なんていかがですか?
さらにオルガ・キュリレンコ、「ある天文学者の恋文」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14450200.html が最新主演作です。
最後にメラニー・ティエリー、「ゼロの未来」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15261208.html に出演していました。

物語は、国境なき水と衛生管理団の地道なロープを求めての、ある意味ロードムービーの形式になっています。 死体さえ井戸から引き上げれば終わるお話なんですが、投げ込まれた死体は、元々太ったうえに、少し膨らんで大変重いんですね。
井戸に入って死体を結ぶだけでも嫌な作業ですが、マンブルゥとビーはもう慣れっこのようですね。 精神的なタフさを感じますし、二人は危険察知能力がとても高いですね。 紛争地で生き残る術を熟知しています。
ここでキーポイントはこの保護をした少年ニコラ君です。 可愛い少年なんですが、頭がよく、たまにハッとすることを言うんですね。 でもやっぱり両親に会いたいという強い感情を持っている、後半その思いが強く描かれるシーンは、心が痛くなるところです。
マンブルゥも、ビーも、カティアも、ソフィーも、真実を知っても決して彼に対して優しさを失わないところが、「こういう人間たちが、紛争地で活動ができる人間なんだ」と気付かさせてくれます。
やっと見つけたロープ、これは大変悲しいロープなんですが、これで任務完了にはなりません。 意外な決着をを見せてくれますが(^^)

イメージ 1
井戸から死体を引き上げようとしていたが

イメージ 2
途中保護した少年・ニコラ

イメージ 3
そして彼女も同行することに

イメージ 4
そしてロープを求めて

イメージ 5
しかし手に入らず、彼の家に

イメージ 6