anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

悪女/AKUJO

2017年作品、チョン・ビョンギル監督、キム・オクビン シン・ハギュン ソンジュン キム・ソヒョン出演。

犯罪組織のアジトに単身乗り込んだ女(キム・オクビン)は、次々と現れる男たちを撃ち殺し、さらには、武器を刀に持ち替え、容赦なく叩き斬っていく。 最後のドアを開けると、そこは格闘ジムのようで、力自慢の男たちが待ち構えていた。 頭を鏡にたたきつけられるが、すぐに体勢を立て直し、男たちを血祭りにあげていく。
最後に残ったボス(パク・クァンジェ)と取っ組み合いの末、女はボスの首にロープを巻きつけると、自身は窓ガラスをやぶり、ロープを掴んだままビルの外へ飛び出して行く。 ボスが死んだのを確認し、そっと地面に着地すると、そこにパトカーがかけつけ、警官たちが彼女を取り囲むのだった。
女の名はスクヒ。 幼い頃に父親を殺された彼女は、中国朝鮮族マフィアの若頭ジュンサン(シン・ハギュン)に拾われ、殺し屋として育てられた。 スクヒが父の敵を討とうとして逆に相手の罠にはまったときも、ジュンサンが現れ、敵を倒し、彼女を救ってくれたのだった。
スクヒはジュンサンを慕って 「おじさん」 と呼び、成人してからは恋するようになっていた。 スクヒはジュンサンに想いを告げ、本当の敵は別にいると思っていることを打ち明ける。 そして、念願叶い、二人は結婚式を挙げるのだったが、新婚旅行の最中、ジュンサンの弟分がつかまったという連絡が入り、ジュンサンは、スクヒを置いて一人、出て行ってしまう。 その次にスクヒがジュンサンをみた時、彼は顔をつぶされ、亡き人となっていた。
「実は お前の父親の敵討ちをするはずだったんだ。 ところが俺が捕まってしまって…」 と弟に聞かされ、スクヒは怒りを爆発させ、彼女が犯罪組織のアジトに殴り込み、壊滅させたのは愛する人を殺された復讐だったからだった。
怪我を負い、ベッドで眠っている彼女の様子を離れた部屋からスクリーン越しに複数の人間が眺めていた。 たった一人で組織を壊滅さてたスクヒ、しかしその監視カメラの映像の最後に、一人の男が写っていた。
彼らは国家情報院の職員で、彼らが密かに運営する暗殺者養成施設にスクヒは収監されていた。 部屋に催涙ガスが送られ、眠っている間に整形手術を施される。
その施設から逃れることは困難で、さらに、スクヒはジュンサンの子どもを宿しており、服従を強いられるのだった。
教育係を務めるクォン幹部(キム・ソヒョン)の指導のもと、数年の特訓生活が続き、一方、普通の人間として生きるための職業訓練も同時に行われていた。 そして外の世界に再び出た彼女の職業は舞台女優で、彼女は頭角を現していく。
そんな中、初めての任務が言い渡され、これに成功すれば正式に出所が認められるのだった。  スクヒは任務を完遂し、娘のウネ(キム・ヨヌ)を抱いて出所。 まったくの別人となり第二の人生を歩み始めるのだった。
そんな彼女のもとに一人の若い男が接近してきた。 引っ越しの時、同じ日に隣に越してきたヒョンス(ソンジュン)という男だった。
そして彼はクォンスの部下だったのだ…

これは物凄いアクション作品でした。 冒頭のたった一人の組織壊滅シーンも凄いんですが、クライマックスのところも物凄い映像で、どうやって撮ったのかが難しいほどですね。 視点カメラと、長回し、とにかくこれはそれを見るだけでも圧巻の超アクション作品ですね。 グロイですが(^^)
監督はチョン・ビョンギル、「殺人の告白」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14984107.html は日本リメイクもされたヒット作でしたね。
主演はキム・オクビン、「渇き」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/6466240.html 「高地戦」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14173092.html に出演しています。美しい女優さんですね。
そしてシン・ハギョン、彼も上記2作品と、「10人の泥棒たち」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/12134044.html に出演しています。
そして優しさいっぱいのソンジュン、テレビ作品に多く出ている俳優さんのようです。

物語は、父を殺され危機一髪を助けられた少女が、助けてくれた男に恋をし、さらにその男を失ったことから怒りを爆発させたシーンから始まります。 これが圧巻なんですが、実はこれには大きな裏があるんですね。
作品に出て来る国家情報院っていうのはアメリカでいうとCIAでしょうか? まあ作品でいうと 「ニキータ」 という感じですが、犯罪組織と、国家との戦いの狭間におかれたスクヒという形になるんですが、一方彼女にはどうしても守らなければいけない愛娘の存在があるんですね。 殺人マシーンと母の顔を両方持っている女性、それがスクヒなんですね。
まあとにかくこれは近年稀に見る女性の体を張ったアクション、必見の作品です!

イメージ 1
最後のボスとの戦い

イメージ 2
そして壊滅させた後雨の中逮捕される

イメージ 3
そして整形され、仕込まれる

イメージ 4
そして殺し屋として指令を実行する中

イメージ 5
死んだはずのジュンサンと再会する

イメージ 6
そして戦いがはじまる

イメージ 7
そしてついに決着が

イメージ 8