anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

フッテージ デス・スパイラル

2015年作品、キアラン・フォイ監督、ジェームズ・ランソン、シャニン・ソサモン、ロバート・スローン、ダルタニアン・スローン出演。

十字架にかけられた3人の人間は、顔に穀物袋をかぶせられていた。 ライターを投げると火がつき、3人の人間は生きたまま焼かれてしまう。 そんな夢を見た少年・ディラン(ロバート・ダニエル・スローン)は、引っ越した部屋のクローゼットがすごく気になってしまう。
9歳の少年・ディランは母・コートニー(シャニン・ソサモン)と双子の兄・ザック(ダルタニアン・スローン)と共に、ある田舎の家に引っ越してきた。 父・クリント(リー・ココ)のDVのため、コートニーは離婚調停中で、別居して親権を得ようとしているのだが、クリントは地元の有志で農業界での大物なので、状況はコートニーに不利なのだった。
思い余ったコートニーは、息子2人を連れて家を出て、引っ越し先は誰にも内緒で、コートニーは神経をとがらせていた。 スーパーで買い物をしていても、監視されている感じがして、やはり不審な男につけられていた。 すぐに二人を連れて立ち去るコートニーだった。 その時の合言葉は “ルタバガの合図” だった。
コートニーとディラン、ザックが身を寄せた家は、コートニーの友人の父が所有している空き家だった。 コートニーはアンティーク家具の修復をする技師で、家の隣にある元教会で普段は作業をしている。
ザックはこの家に来てからディランが変わったと、寝る前に母・コートニーに訴える。その訳は、ディランは幽霊の少年少女たちに魅入られており、家の地下室にある8mmフィルム(フッテージ=未編集フィルム)と映写機が入った箱を見せられているのだった。
それ以来ディランは幽霊の1人・少年のマイロ(ルーカス・ジェイド・ズーマン)に、夜毎フッテージを見ろと要求され続け、ディランが拒否すると、あのような悪夢を見るのだった。
ディランを仲間に加えたい霊は数人いた。 黒髪のリーダー格の優等生風少年・マイロのほかに も、テッド(ジェイデン・クレン)やピーター(キャデン・マーシャル・フリッツ)、少女・エマ(ライラ・ハリー)、キャサリン(オリビア・レーニー)などもいる。
ある日、家の外に白い車が停まり、外から様子を眺めている男(ジェームズ・ランソン)を見たコートニーは、警戒した。 家に入って来た男性が「私立探偵」と名乗ったから、コートニーは逆上する。夫・クリントの使いだと思ったからだった。
ところが、私立探偵と名乗った男は元副保安官で事件を知っていたのだった。 実はこの家は空き家になっているはずで、あの忌まわしい事件の起こった場所、そしてこの家を一刻も早く燃やさないとと思ってきたのに、コートニーたちがいるから驚いたのだった。
夫からの遣いだと思い込んでいるコートニーに 「コーヒーが飲みたい」 と元副保安官は言うと、飲みながら 「君は大きな誤解をしている」 と、この家であった事件について説明を始める。
それは “オズワルド一家の事件” でその事件の現場は教会だったが、コートニーは、夫の関連ではないことにただ安心するだけだった。
しかし、ディランには、確実にマイロたちの誘いが来ていることを彼女はまだ知らないのであった…

前作 「フッテージ」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/9351500.html の続編ですが、これは劇場スルーになってしまいましたね。
監督は変わってキアラン・フォイ、過去作もあるようですが、いずれも日本公開にはまだなっていませんね。
主演はジェームズ・ランソン、近作は「バッド・バディ!私とカレの暗殺デート」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14919255.html ですが、「オールド・ボーイ」のハリウッド版 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/13874999.html にも出演していました。 彼が唯一前作から引き続き出演となっています。

物語は、結局忌まわしい事件が起こってしまった後空家にある事情で引っ越してきてしまった母子3人と、前作で副保安官だった彼が今作では辞めて探偵になっているんですね。 名前がクレジットされていない、ちょっと謎めいた存在で、主演となっています。
キーワードは、子供、引っ越した直後、そして食われる、という事ですね。 双子の兄ザックは、父の血を引いているのか、母親の前では仲がいい振りをしていますが、実はディランにはきつく当たるんですね。
そして彼にも、子供たちの亡霊が見えていて、半分ジェラシーに近いものと、恐れがある感じなんですね。 しかし亡霊の命じるままに、恐ろしいフィルムを見せられるのは恐ろしいこと、DVも取り入れられていて、ちょっと陰惨なホラーでした。

イメージ 1
子供たちの亡霊に動画を見せられるディラン

イメージ 2
DVの夫から逃げてきたコートニーと二人の息子

イメージ 3
そしてこの忌まわしい家を燃やしに来た探偵

イメージ 4
しかし毎夜現れる亡霊は二人の少年にしか見えない

イメージ 5
そしてこの家にとどまり、恐ろしい現象に遭う探偵

イメージ 6