anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

Mr.ホームズ 名探偵最後の事件

2015年作品、ビル・コンドン監督、イアン・マッケラン ローラ・リニー マイロ・パーカー 真田広之出演。

1947年、数々の難事件に挑んできた名探偵シャーロック・ホームズイアン・マッケラン)も93歳の高齢となり、最近では認知症の症状が現れるようになっていた。 30年前に探偵業を引退したホームズは住み込み家政婦のマンロー夫人(ローラ・リニー)とその息子ロジャー(マイロ・パーカー)と共に、サセックスの農場で養蜂をしながら穏やかな余生を過ごしていた。 ロジャーはホームズを慕う一方、マンロー夫人は今の仕事に満足せず、新たな就職先を探そうと考えていた。
その頃、世間ではホームズのかつての助手だったワトスン(コリン・スターキー)が書いた小説により、ホームズのイメージは事実とは異なるものとなりつつあった。 ホームズは兄マイクロフト(ジョン・セッションズ)の 遺品の中からワトスンの小説を見付け、それを基にした映画を鑑賞しますが、事実とは異なった描かれ方に気付き、真実を伝えるため手記を出版することを決意する。
小説や映画に描かれていたこととは、30年前にホームズを引退に追い込んだアン・ケルモット夫人(ハティ・モラハン)の事件のことだった。 記憶力の衰えに悩んだホームズは記憶力の維持に効くサンショウを手に入れるべく、ホームズのファンである日本人・梅崎(真田広之)に招かれて日本・広島を訪れることになる。
梅崎に案内されながら戦後の焼け野原を歩き、戦争で家族を亡くした人々が自分の周りに石を置いて祈る姿に感銘を受けたホームズは、梅崎からサンショウを受け取った際、「外交官だった父はあなたの忠告を受け、生涯日本に戻らなかった」 と責められるが、ホームズはその事に関する記憶が中々思い出すことができなかった。
そして、帰国したホームズはロジャーに探偵の素質を見出し、 ロジャーの力を借りながら手記の執筆を開始しするのだった…

劇場公開時は見れなかったこの作品、ホームズ晩年の枯れた味のお話でした。
主演はイアン・マッケラン、「ホビット」シリーズ https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/MYBLOG/yblog.html?m=lc&sv=%A5%DB%A5%D3%A5%C3%A5%C8&sk=0 のガンダルフ役、「XーMEN」 シリーズの、歳を取ったマグニートー役でも有名ですね。

物語は、もう体も衰え、記憶も定かではなくなったシャーロック・ホームズのお話です。 もちろん現役の探偵はしていませんし、もう一人では、生活するのもしんどくなっているホームズに、ある母と息子が世話をし始めます。
そしてロジャーという少年が、実はホームズに憧れているんですね。 そしてホームズは自分の人生の総決算で、あることをどうしても解き明かしたいと思うようになったんですね。 そのためには自分の力だけではどうしようもありません。 そこでロジャーに手伝ってもらうんですが、その母で家 政婦のモンロー夫人は、この仕事が嫌なんですね。
家政婦として来たのに、介護をしている、想像とは違う仕事に少しうんざりしているんですね。 母と子の感情の違いが実は大きな事件を引き起こしていくんですが。
この作品は、過去の彼の記憶の謎と、家政婦親子との生活の二本立てで進んでいきます。
記憶を呼び起こすために日本まで行くホームズ、ただの推理ミステリーではなく、老い行く名探偵の最後の人生ドラマという感じでしたね。

イメージ 1
田舎で蜜蜂を飼っているホームズ

イメージ 2
マンロー婦人は介護になるのを嫌がっていた

イメージ 3
ロジャーは鋭い少年だった

イメージ 4
老いたホームズだが、、記憶をたどって自伝を書き直したいと思う

イメージ 5
それは、アン・ケルモット婦人の事件だった

イメージ 6