anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

勝手にふるえてろ

2017年作品、大九明子監督、松岡茉優 渡辺大石橋杏奈 北村匠海出演。

24歳のOL江藤良香(松岡茉優)は、10年もの間中学時代の同級生イチ:一宮(北村匠海)に片思いをしていた。 彼女の特技は、正面を向きながら、視界の脇で彼を見ていること。 もちろん像はぼやけて見えるが、集中することによって何をしているかを把握はしっかりしていた。 そんなイチとの過去を思い出しては胸をときめかせていた。
これまでずっと彼氏がいなかった彼女の楽しみは絶滅動物に浸ること。 そんな彼女の一番のお気に入りはアンモナイト。 そしてとうとう結構大き目な化石を買ってしまうのだった。
彼女は、同僚の中では来留美石橋杏奈)とは仲が良かった。 しかし来留美は営業の男性社員のことが好きで、告白するチャンスを狙っていた。 彼女に誘われ、営業部との合コンを経理部がしたときに、良香は営業部の同期・霧島(渡辺大知)に、ラインの交換をさせられてしまう。 結構積極的な霧島を、良香は勝手に “ニ” と呼び始める。
ひとりの生活で、勝手に自分の思うとおりの世界を作り上げる癖のある良香、そして出会う人間に絶妙なネーミングをする才能もある。
そんな良香は、とうとうある時に二から告白をされる。 彼女は、生まれて初めての経験に舞い上がってしまうが、自分には片思いだが憧れに存在一がいる。 しばらく有頂天になっていた良香だが、二に対して返事を保留しながら、誘いにはあまり拒まない良香。
自覚のないデートをし続ける中、これではダメだという気と、ニとの関係にうまく馴染めず、彼女は、一になんとか再会する手段を考える。
それは、卒業アルバムから、日本にいないだろうクラスメートをピックアップ、彼女に成りすましラインを立ち上げ、同窓会を開催するという事だった。 意外な手段は成功し、年末年始に帰省した同級生たちを駆り立て同窓会を開催する運びとなる。
もちろん一の参加が不可欠だが、何とか親に強く伝言、とうとう一が遅れて会場の地元の居酒屋になってくる。 そしてなんと一は東京にいることが分かった。 そして彼女は力を振り絞って、東京の状況組でライン交換をして、今度は東京で会おうという計画を成功させるのだったが…

やっと実現した松岡茉優の主演作ですね。
監督は大九明子、観たい作品のある監督ですが、初鑑賞です。

物語は、彼氏いない歴24年の絶滅動物オタクで、“一” 一筋の彼女の恋物語です。視線の脇で動いている物を詳細に観察するのは意外に大変。 ためしにやってみても、どうしても目が動いてしまいます(^^)
ちょっと毒舌で、マイペースなオタク彼女の良香ですが、そんな彼女に惚れているのが霧島君なんですね。 しかし彼女はそんな彼を勝手に “二” と呼んで、スペアにしている感じです。 でもコクられると好きでもないけど嬉しいもんで、彼女は踊りだすんですね。 でもこれは自分の脳内だけのお話。
今作は脇でいろんな俳優さんがいろんな役で出てきますが、現実に接触しているのは、来留美と隣に住んでいるオカリナさんだけのようです。
今作は念願の松岡茉優の初主演作。 女優としてのスキルが高く、脇をやらせても一番映える彼女でしたが、やっと真ん中の役を掴みましたね。
もちろん彼女がグイグイ突っ込んでくる力作ですが、もう彼女の演技を堪能できる画期的な作品でした。

イメージ 1
絶滅動物オタクの良香

イメージ 2
会社では同僚の来留美と仲が良い

イメージ 3
営業の霧島、彼女は二と呼ぶ

イメージ 4
そして二に告白される良香

イメージ 5
そして誘われると断らない

イメージ 6
しかし本命の一が好きな彼女だった

イメージ 7