anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

心霊写真部リブート

2016年作品、永江二朗監督、松永有紗伊藤陽佑 上野優華/市島琳香 安田愛里/小宮有紗出演。

「廃墟」
映画部の2人が心霊写真部の特集を撮影しているところに二宮佳夕(松永有紗)がやってくる。 その時写真部の部室の前に一人の女子生徒が立っていた。 しかし一瞬で見失ってしまう。
彼女は写真部のつもりで訪ねてきたのだが、小さく “心霊” と書いてあったのを見落とし、そのまま入部させられてしまった。
部長の牧村(伊藤陽佑)部員の瑠川リリ(上野優華)の二人と、カメラを回している紅林栞(市島琳香)そこで、はじめになんか奇妙な現象にあった佳夕がそこである1枚の心霊写真に惹かれる。 写真の現場はマスク殺人鬼が死体を捨てていると噂の廃病院との事だった。
さっそく現場に行こうという事になるのだが、佳夕は屋上に立っている女子生徒(小宮有紗)を発見する。 彼女は部室の前に立っていたという女子生徒で、屋上に向かうと、その心霊写真は危ないという。 彼女は言うには、心霊写真の見方はひとつとは限らないと。
部員は現地に行きその途中で事故現場を見つけつつ行くと、途中で車のドア部分が落ちていた。 どうやらここで事故があったような感じがする。 そして進んでいくと廃墟にたどり着く。
そしてこの廃墟にあるものが不気味に飾ってあるのだった…

「消えない顔」
映画研究会の部員(安田愛里)から映像に幽霊の顔が映っておりいくら消去しても顔が消えないと相談を受ける。 出品をするつもりで短編動画を撮っていたが、そのラストシーンの空の画像に大きな女の姿が写り込んでしまっているのだった。
まずは元の映像をチェックすると途中の建物側にも同じ女性の姿が写っていることを部長が見つける。 さっそくその廃ビルに行こうという事になったが、佳夕が振り向くとまた屋上に例の女の子がこちらに何かを言っているようだった。 急いで戻ったが、今度はもう消えていた。
そして部員達は現地の建物に入っていき内部を調査をし始めるが、部長はこの廃ビルが危険なことを知っていた。 この廃ビルに入ってことから、行け不目になっている人間が多い、呪われたビルだということ。 しかしそれを調査するのも、心霊写真部の指名だと、本格的に調査を始めるが、何の手がかりも無く、帰ろうとしたその時、部屋の中に閉じ込められてしまった。
そして恐ろしい現象が起こり始める…

劇場版を受けてのWEB配信の短編2本が製作されましたね。
もうこれは永江監督のこだわりのシリーズなんでしょうか?
主役の“二宮佳夕”は、今回は松永有紗が起用されています。 彼女は 「暗殺教室」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/MYBLOG/yblog.html?fid=0&m=lc&sk=0&sv=%B0%C5%BB%A6%B6%B5%BC%BC そして、「人狼ゲーム マッドランド」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15044385.html にも出演でした。
部長と、リリはそのままですが、謎の女子生徒役で小宮有紗が、「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15293610.html に出演しています。
そして注目すべき?は、安田愛里が出演しています。 彼女は、秋元康プロデュース番組の 「ラストアイドル」 https://ameblo.jp/atts1964/entry-12304486531.html というアイドルバトル番組で、デビューを勝ち取ったメンバーで、私は馴染みがあるんですよね。 天然系のキャラですが、第2話に登場していました。

さて物語は、1話目は過去作のリブートになっています。 「壱限目」 の第1話で、佳夕が半ば騙されて心霊写真部に入ってくるところと最初のお話を新たに、撮りなおしている感じですね。 キャストも変わり、時間がたっているんで新鮮でした。
2話目は完全新作で、動画処理で大概はできる修正が効かない、心霊動画を何とか修正するために、その原因を調べ追求していくというものでしたね。 この結末の設定は、よくあるし、海外でこういう設定の怪談、ホラーはよく見られますが、それをサクッと表現した構成になっています。
そしてラストに衝撃の展開が待っているんですが、このWEB版は、これだけの製作という感じですね。
今後続編なり、新たな劇場版ができていくのかは、人気次第でしょうね。

イメージ 1
今作の登場メンバー

イメージ 2
写真が持ち込まれ

イメージ 3
実証に

イメージ 4
しかし怪奇現象と

イメージ 5
マスク殺人鬼が

イメージ 6