anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

リベンジgirl

2017年作品、三木康一郎監督、桐谷美玲 鈴木伸之 清原翔 馬場ふみか出演。

宝石美輝(桐谷美玲)は東大首席でミスキャンパス1位に輝いた。 しかし受賞の時、おもいっきり高飛車なスピーチをしてドン引きされる。 その時うっかりよろめいた彼女を支えてくれたのが斎藤裕雅(清原翔)だった。
彼は祖父が有力代議士の名門の家柄、一気に二人は付き合いだし、卒業後彼女は、東大首席で読モでミスキャンパスという肩書を引っ提げてジュエリー会社に迎えられ、裕雅との恋も順調、そしていつプロポーズされるかという気になっていた。
出会った時のミスキャンパスの会場で待ち合わせした美輝だったが、そこで思いもよらぬことが起こる。 妊娠をして裕雅のところに来た百瀬凛子(佐津川愛美)に、彼は女癖が悪い事を聞かされにわかに信じられなかっ た美輝だが、彼が送ったメールを受け取った女性はそこにいた女の子ほとんどだった。 文面もまったく同じで、名前だけを変えてここに集めていたのだった。
取り巻きがすぐに凛子に手切れ金を渡して解決する。 裕雅の本性がわかった美輝は、将来総理大臣になるべき存在と、一般庶民の女性との違いを上から言われ、彼を見返すなら、自分が政治家になり総理大臣を目指さなくてはともった彼女は、あまたの候補者を当選させてきた有力選挙参謀のプロの如月凪子(斎藤由貴)の政治塾に乗り込む。
才媛ではあるが、自意識過剰で自己中心的と極度に性格が悪く、しかもそのことに全く気付いていなかった彼女らしいやり方だった。
もちろん事前の申し込みは終わっていたが、凪子はそんな 美輝が珍しく、事務所の事務員・門脇俊也(鈴木伸之)に預けるのだった。 実は俊也はあらゆる候補者を必ず当選させる選挙のプロだった。 秘書としても才能はぴか一だったが、彼は一切の選挙参謀を辞め、一介の事務員として働いていた。
そして美輝の選挙活動が始まる。 まずは政党の候補者になることが先決だと俊也に言われた美輝は、第1党の民自党の候補者になる戦略を立て、ツイッターのフォロー数を伸ばす計画をするのだが…

ブコメのコテコテの作品かと思いましたが、思ったのとは違いました(^^)
監督は三木康一郎、近作は「覆面系ノイズ」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15267241.html 「のぞきめ」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14029325.html そして夕方にもう1本上げようと思っています。
桐谷美玲の出る作品は、可愛い彼女の極端な役に、いい意味で飽きさせません。 しばらく主演作をスルーしていたんで今作は、見ておこうかと思いました。

物語は、メチャクチャ自意識過剰な女の子のお話。 でも頭がよく、見てくれも超かわいい彼女は、自分にある意味正直な女性なんですね。 彼女の欠点はお世辞なって糞くらえで、すべて直球勝負、嘘をつかないのがモットーという事です。
ですから冒頭の高飛車なコメントが彼女のすべてを物語っています。 しかしよく言えばこれは自分に対して正直な証。 一番よく知っている家族の妹が姉をよく理解しています。
でも、こんな態度を他人に対してもあからさまに取ってしまうんですね。  ただ、日本は建前の世界、そんな彼女が生きていくには圧倒的な実力があってこそですが、彼女が踏み入った場所は、政治のドロドロした世界でした。
勝つためには何でもありの選挙、あっさり隙を突かれて彼女は足元をあっさり崩されていきますし、それは何度もやられます。
しかしそれを励まし、叱咤してくれるのが俊也であり、凪子なんですね。
意外にこれは大人の物語で、痛烈な現代政治に対する風刺が効いています。
地盤、看板、鞄この三つの正確な説明もしっかり聞いたのは初めてでした。

イメージ 1
ミスキャンパス3連覇の美輝だが、口は凄い

イメージ 2
しかしこの男と出会う

イメージ 3
しかし裏切られ、政治家を目指す

イメージ 4
彼が選挙参謀となる

イメージ 5
しかし裕雅の妨害が止らない

イメージ 6