anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ダイ・ハード2


1年前、テロ集団に襲われたロサンゼルスの高層ビルから多くの人質を救ったジョン・マックレーン刑事(ブルース・ウィリス)は、ロスに住む妻ホリー(ボニー・ベデリア)と一緒にクリスマス休暇を過ごすため、吹雪の中ワシントンのダレス国際空港に迎えに来ていた。 テレビではラテン・アメリカの麻薬王エスペランザ将軍(フランコ・ネロ)の到着を報じていた。
そんな混沌とした時、反共主義者の元陸軍大佐スチュワート(ウィリアム・サドラー)の姿を空港内で見かけていたマックレーンは大佐の部下らしき軍人たちがうろついているのに不審を覚え、後をつける。 それを悟った彼らと荷物到着室で銃撃戦となるが、マックレーンは2人のうち、l人を取り逃してしまう。
マックレーンは何かが起こると確信するが、空港署のロレンゾ警部(デニス・フランツ)は管轄外だと相手にせず、仕方なく死んだ男の指紋をロスの事件で親友になったパウエル(レジナルド・ベンジョンソン)のもとに、ファックスで送って照合した結果、それは、2年前に死んだはずになっている米軍の顧問のものであることがわかった。
その頃、既に大佐の部下は全ての準備を完了していた。 突然全ての電源が消え、着陸システムも利かなくなった。 完全にスチュアートの支配下におかれた管制塔にその要求が伝えられる。
エスペランザ将軍の乗った機が着陸する50分後までに、767 型機を1機用意し、それまではどの機も着陸させてはならない、と。 吹雪の中到着の遅れていた上空の各機はもはや燃料の余裕もなく墜落の危機にあったのだった・・・

1作目と同じクリスマスに起こった一大事件、今回もマクレーンが遭遇してしまいました。
スチュワート役にはウィリアム・サドラー、「ショーシャンクの空に」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/7152546.html にも出演していました。 また存在感があるのが特殊部隊の隊長・グラント役のジョン・エイモスでしたね。 実は…という役で騙されました。
ウィリスのたった一人の闘いが今回も行われます。 前作では、離れたところにいるパイエルが絶えず無線で話しながら、心のよりどころになっていましたが、今作は戦いは基本一人、あと空港警察のデニス・フランツ演じるカーマイン・ロレンゾは、なにをするにもマクレーンが面白くないと言った、ライバル心を燃やす存在、しかし最後には彼もあることをしてくれるんですね。
またこの作品には、嫌味な役でウィリアム・アザートンが出演していますね。 彼の妻のホリーの敵役のリチャード・ソーンバーグですが、彼の憎まれ役がまた良いんですね。
必ず最後にやられてしまうところが小気味いいんですが(^^)
これも大型アクションのクリスマス作品ですね。
今年のクリスマス特集はこれでおしまいです。 また来年!

イメージ 1
空港で銃撃戦をするマクレー

イメージ 2
しかし何かが起こるとは思っていないロレンゾ

イメージ 3
そしてパウエルに照合してもらう

イメージ 4
そしてテロが起こる

イメージ 5
緊急事態が起こってしまった

イメージ 6
彼らの企みだった

イメージ 7
グラントが駆けつけるのだが・・・

イメージ 8