anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ダイ・ハード


ニューヨークの刑事ジョン・マックレーン(ブルース・ウィリス)は、クリスマス休暇を妻ホリー(ボニー・ベデリア)と2人の子供たちと過ごすためロサンゼルスへやってきた。 ホリーは日本商社ナカトミ株式会社に勤務し、夫と離れこの地に住んでいるのだった。
妻の要したリムジンを運転するのはファンキーな若い黒人ドライバー・アーガイル(デヴロー・ホワイト)、なんとなく危なっかしい彼は音楽の好みも合わないのだったが、無事地下駐車場に着き、彼を待たせることになる。
ジョンは、クリスマス・イヴの今日、ナカトミの社長タカギ(ジェームズ・シゲタ)の開いている慰労パーティに出席している妻を訪ね、現代ハイテク技術の粋を極めた34階建ての超高層ナカトミビルに向かうのだった。 ホリーは単身赴任によって、結婚と仕事の両立に苦しんでいたが、再会したジョンを目にすると改めて彼への愛を確認するのだった。
ところがパーティも盛りあがりをみせた頃、13人のテロリストがビルを襲う。 たまたま妻の部屋で裸足でくつろいでいたジョンは、間一髪テロリストたちに見つからず身を隠すのだった。 ニューヨークで腕はいいが、喧嘩っ早いジョン、しかし刑事としての基本はできていて、まずはどこにテロリストが配置され何人なのかを素早く調べ始める。 しかし犯人はいち早く電話回線を斬り、外部との連絡を遮断する。
リーダーのハンス・グルーバー(アラン・リックマン)の狙いは金庫に眠る6億4000万ドルの無記名の債券。 タカギはテロリストではなくただの強盗だったことに驚くが、タカギは彼一人では金庫が空かないことを何度も説明をする。 ハンスはタカギがそれに応じないのを見てとると、用は無いと見切り彼を射殺してしまう。
そしてその現場をジョンが身を隠しながら見ていた。 どうして救えなかったのか後悔するジョンだったが、目撃したことにより、彼とテロリストたちの息詰まる戦いの火ぶたが切って落とされるのだった。
ジョンはまず火災報知機を鳴らすが、誤動作という事で消防隊は引き返してしまう。様子を見に来たテロリストの一人・トニー(アンドリアス・ウイスニウスキー)を階段で倒し、何とか警察の緊急無線に張り込むジョン。 そこで連絡を受けたパトロール中のパウエル巡査部長(レジナルド・ヴェルジョンソン)だったが、用意周到のテロリストに一度は騙されそうになるが、死体を落とし、威嚇射撃を行いようやくロス市警を呼ぶことに成功するのだったが、ロス市警の責任者ロビンソン(ポール・グリーソン)はとんだ愚か者で、良いようにテロリストにやられてしまう。
ジョンは名前を隠しながら、パウエルと話しながらたった一人の闘いを続けるしかなかった…

しかし、何度見てもおもしろいですよね、この作品。 何年かぶりに見ましたが、やはりワクワクする展開でした。
監督はジョン・マクティアナン、「プレデター」 「閉ざされた森」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/1771069.html 他ヒット作を撮っていますが、「3」 も監督をしており、「4.0」 でも製作参加をしていますね。「2」 は他作品とぶつかって監督ができなかったそうです。
そしてこの作品で初めて見たのがハンス役のアラン・リックマンでした。 後の 「ハリー・ポッター」 シリーズ https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/MYBLOG/yblog.html?fid=0&m=lc&sk=0&sv=%A5%CF%A5%EA%A1%BC%A1%A6%A5%DD%A5%C3%A5%BF%A1%BC でスネイプ役で一躍世界的に有名になりますが、この作品でのハンスと同一人物とははじめ気が付きませんでした。
昨年亡くなりましたが、姿を見せた最後の作品は 「アイ・イン・ザ・スカイ」 でhttps://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14643863.html したね。
これは私の中ではアクション作品の中でトップクラスに好きな作品ですが、今まで記事にしなかったのはクリスマス作品にしようか悩んでいたからなんですよね。

イメージ 1
妻との再会のはずだったが

イメージ 2
彼をリーダーとした賊が、ナカトミビルを占拠する

イメージ 3
そしてたった一人で戦いを開始する

イメージ 4
パウエル巡査がそれに気がつくが

イメージ 5
ロス市警はボンクラだった

イメージ 6
FBIもあしらわれる中ジョンの戦いは続く

イメージ 7