anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

婚約者の友人

2016年作品、フランソワ・オゾン監督、ピエール・ニネ パウラ・ベーア出演。

一次大戦で婚約者のフランツ(アントン・フォン・ルケ)を亡くしたアンナ(パウラ・ベーア)は、彼の両親の所に身を寄せ、娘のような手厚い扱いを受け、日々墓参りをしていた。
彼女は今だ失意の日々を送っているが、彼女のことを好きな同じように戦争で婚約者を失ったクロイツ(ヨハン・フォン・ビューロー)から求婚を受けていて、義父母もそれを少し望んでいた。
ある日、墓に見知らぬ花が供えてあるのを見て墓守に尋ねると、フランスの硬貨を見せられた。 翌日、再び墓を訪れると、フランツの墓の前で男性(ピエール・ニネ)が涙を流していた。 その日、義父・ハンス(エルンスト・シュトッツナー)の診療所を一人の青年が訪れた。 ハンスは彼がフランス人だと知ると、息子の遺影を見せ息子はフランス人に殺されたと言って彼を追い出した。 彼は去り際に、自分も兵士で人を殺したと言って去った。
アンナは追い出された青年がフランツの墓の前で泣いていたという事を話し、町のホテルの受付にフランス人の泊り客にもう一度来てくれるよう伝言を頼んだ。 そしてやって来たアドリアンは、フランツがパリへいた時の友人だと話した。
アンナはアドリアンと一緒に墓参りをし、フランツに求婚された場所を案内し、亡き婚約者を偲んだ。 ハンスとマグダ(マリー・グルーバー)がフランスで息子がどのように過ごしていたのかを聞きたがると、ルーブルでマネの絵を見た事や、フランツにバイオリンを教えた事等を話した。
すると、義父はアドリアンにフランツのバイオリンを弾いてくれるように頼んだ。 彼は一度は断ったものの、フランツがよく弾いていた曲を弾き、アンナはそれにピアノで伴奏つけた。 しかし、演奏の途中でアドリアンは倒れてしまった。
町ではフランス人と懇意にする彼らを白い目で見る者も多かった。 そこで、義父は息子たちを戦場へ送ったのは自分達父親じゃないかと言った。 それでも、婚約者の亡き後のアンナに求婚しては袖にされ、誘った舞踏会は断られた挙句アドリアンエスコートをしているの知っているクロイツは何かと突っかかった。
そしてフランツの友ということもあり、アンナはだんだん彼に惹かれて行くのだったが…

オゾンの新作ですね。
主演のアンナ役はパウラ・ベーア、始めて見る女優さんですが、上品で美人ですね。 ピアノは本当に弾いている感じでした。
そしてアドリアン役にピエール・ニネ、「イヴ・サンローラン」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14176919.html に主演をしていますが、「キリマンジャロの雪」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/8206606.html にもチラッと出ていました。
物語は、第1次世界大戦後のヨーロッパが舞台となっています。 敗戦国となったドイツと、戦勝国のフランス。 しかしお互いに疲弊して、傷跡が大きかった大戦でした。 ドイツとフランスは、歴史的にも戦いの歴史でした。 特にこの大戦後は、お互い憎み合っている関係、敵国だったなか、あるひとりのフランス人がドイツにやってくるところから始ります。
その男は墓で涙を流していました。アンナはそんな彼のことが気になり、そして婚約者の友人だったことを知りました。 義父母もだんだん彼のことが気に入り、今までの悲しみで空いた心の穴がだんだん埋まっていくところがはたから見てわかります。
しかし何か苦しそうなアドリアン、実は彼には秘密が、隠していた事があったんです。
このお話は戦争というどうしようもない大きな流れが起こした悲劇が、終わった後も人間を苦しめるということを描いています。 身内を殺されただけでなく、生き残った人間をも、永遠に苦しめる戦争。
しかしアンナは、その中で何か強いものを少し掴んでいきます。 もう少し時間がずれていたらとも思いましたが、それは儚い期待かもしれません。

イメージ 1
婚約者を戦争で失ったアンナ

イメージ 2
ある日彼のお墓の前に一人の男が

イメージ 3
彼は亡くなったフランツの友だと言う

イメージ 4
そして彼にバイオリンを教えたと

イメージ 5
そしてフランツと一緒に歩いたところを案内するアンナ

イメージ 6
そしてお互い近くなっていく

イメージ 7