anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ラブ・アゲイン


真面目を絵に描いたような40代のキャル・ウィーバー(スティーブ・カレル)は理想的な人生を送っていた。 安定した職に就き、マイホームを手に入れ、高校時代の恋人だった妻との間には可愛い子供たちがいる。 だが妻のエミリー(ジュリアン・ムーア)が男をつくり、離婚を考えていると知ったときから、キャルの “申し分のない” 人生は脆くも崩れ去る。
おまけに昨今の “独身市場” では、キャルのようにウン十年もデートから遠ざかっている中年男はヤボなバツイチとして相手にもされない。
そんなある日、ひとりの夜を地元のバーで寂しく過ごしていたキャルは、30代の遊び人ジェイコブ・パーマー(ライアン・ゴズリング)と知り合い、舎弟のようになっていく。ジェイコブは妻への未練 を断ち切れないキャルにもう一花咲かせてやろうと考え、キャルを未知の世界へと誘う。
男慣れした女性を紹介し、男らしい酒の飲み方を手ほどきし、GAPでは手に入らないハイファッションを見立ててやった。 しかし、柄に合わない恋愛ゲームに興じているのはキャルとエミリーだけではなかった。
13歳の息子のロビー(ジョナ・ボボ)は17歳のベビーシッターのジェシカ(アナリー・ティプトン)に夢中になり、そのジェシカはキャルにぞっこん。 そんなモテ男に変身を遂げたキャルだったが、心までは簡単には変えられなかった。 キャルの思いはいつも振り出しに戻ってしまうのだった…

幸せだった、そう思っていたのはだんなだけだったのか? そんなお話ですね。 なにが不満なのか(^^)
監督はグレン・フィカーラ、共同監督で 「フォーカス」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/13001567.html 「フィリップ、きみを愛してる!」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15203499.html があります。
主演はスティーヴ・カレル、新作は 「30年後の同窓会」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15549753.html ですね。 こういう役は彼ならではですね。
そして妻役はジュリアン・ムーア、「ワンダーストラック」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15464993.html では二役を演じていました。

物語は、なに不自由ない暮らしに見えた家族が、どんどんダムが決壊していくようなお話でした。 まずは妻の浮気、真面目だけがとりえの夫に魔が差したのか、さらに娘はある男と付き合い始めている。 さらにはベビーシッターに恋をし始めた息子、しかしそんなものはまだ可愛いもんでしたが、本人も何とか地味な暮らしを変えようとあるプレイボーイの指南を仰ぎますが、それがかえって泥沼に(^^)
アメリカならではの、家族の騒動からのドラマですが、なんとなく平和を感じるファミリードラマでした。

イメージ 1
幸せな夫婦に見えたが

イメージ 2
そして彼に指南を仰ぐ

イメージ 3
しかし娘が!

イメージ 4
息子はベビーシッターに惚れている

イメージ 5
そして因果な男4人

イメージ 6