anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ゲット・アウト


ニューヨーク在住のアフリカ系アメリカ人写真家クリス(ダニエル・カルーヤ)は、ある週末に白人の彼女ローズ(アリソン・ウィリアムズ)の招待で彼女の実家を訪れることになった。 しかしクリスは念のため、ローズに自分のことを家族に言っているのか?問うが、彼女は父親がオバマ支持をしているくらいだから、黒人に理解があるはずだといって、特に言ってはいないという。
ニューヨークの高級住宅街にあるローズの実家へ向かう途中、クリスは友人の運輸保安庁=TSAに勤めているロッド・ウィリアムズ(リル・レル・ハウリー)に電話をかける。 彼は一貫して黒人のおかれている立場を思い、彼女の実家に行くことを反対していた。 でも、ローズに対しては悪い感情は持っていない。
そんな2人の乗る車に突然のアクシデント、鹿が衝突してきた。 事故現場にやって来た警官がクリスに横柄な態度を取ったため、ローズは警官を一喝した。 その一方で、事態をこじらせたくないクリスは、不快に思いつつも警官の質問に答えていった。
アーミテージ家に到着した2人は、ローズの両親であるディーン(ブラッドリー・ウィットフォード)とミシー(キャサリン・キーナー)から暖かい歓迎を受ける。 ディーンの案内で家を回ったクリスは、甲斐甲斐しく働くジョージーナ(ベティ・ガブリエル)とウォルター(マーカス・ヘンダーソン)に挨拶する。
クリスはミシーから 「禁煙のために催眠療法を受けなさい」 と言われたが、丁重に断った。 家を一通り見て回った後、ディーンとミシーから 「明日はパーティーがあるんだ」 と告げられたローズは、露骨に嫌な顔をしたが、クリスは特に気にも留めなかった。
クリスはケンカとスポーツに明け暮れているローズの弟、ジェレミーケイレブ・ランドリー・ジョーンズ)にも会った。 彼はしきりに黒人の体力的な優位性を言い、格闘技はできるかとしつこく聞いてきた。
その日の夜、クリスが一服するために家の外に出ると、ウォルターが家の周りを全力疾走していた。 ジョージーナに至っては窓を凝視していた。 2人の奇行に恐怖を感じたクリスはミシーの部屋に駆け込んだが、そこで彼は強制的に催眠療法を受けさせられた。 催眠によって、クリスは母親が亡くなった夜を思い出す羽目になってしまうのだった・・・

これは謎の作品、何か差別問題を扱ったサスペンスかと思いましたが。
監督はジョーダン・ビール、今作が監督デビュー作となります。 主演はダニエル・カルーヤ、「ボーダーライン」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14047864.html でレジー役をしていました。 「キック・アスジャスティス・フォーエバー」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/11160639.html にも出演していました。
物語は、何か嫌な予感が走る中、ガールフレンドの実家に行くクリス。 白人だけの世界かと思いきや、彼女の実家には二人の黒人が働いていました。 従順で、大事にされている感じが一見するんですが、何かおかしいと始めから感じてしまうクリス。
そしてどれがまず深夜に核心に変わって行きますが、その後に彼女の母親に催眠術にかかってしまう。 そしてこの後だんだんこの家の、そしてこの付近の何かおかしいことに気が付くんですが、その時はもう。
これはなかなか面白いサイコホラー、ラストはものすごい展開となります。 これは実に見ごたえがありました。

イメージ 1
彼女の実家に行く途中、アクシデントが

イメージ 2
クリスの愛犬を預かってくれたロッドは、心配をしていた

イメージ 3
彼女の両親は温かく迎えてくれ

イメージ 4
彼女と

イメージ 5
彼が雇われていた

イメージ 6
その夜、催眠にかかってしまうクリス

イメージ 7