anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

マグニフィセント・セブン

2016年作品、アントワーン・フークア監督、デンゼル・ワシントンクリス・プラットイーサン・ホークヴィンセント・ドノフリオイ・ビョンホン、マヌエル・ガルシア=ルルフォ、マーティン・センズメアー出演。

1879年、ローズ・クリークの町の人々は教会に集まっていた。 バーソロミュー・ボーグ(ピーター・サーズガード)の脅威にさらされ、何とか方策はないかということだった。 ここを集会の場所に選んだのは、どんな悪党でも、教会では悪質な行動を起こさないだろうと言う思いからだった。
しかし、ボーグは屈強な手下を大勢連れ教会にまで乗り込んできた。 このローズ・クリークの町からはした金で追い出そうと露骨に威嚇するのだった。 猶予は3週間、その横暴な態度に反抗しようとしたマシュー・カレン(マット・ボマー)は、妻のエマ・カレン( ヘイリー・ベネット)の前で見せしめのため殺されてしまう。
そんな時、サム・チザム(デンゼル・ワシントン)がある酒場に入ってきた。 黒人ということで奇異の目で見られていたが、そこの店主に話しかけ、そしてあっという間に店主を撃ち殺してしまう。 彼はお尋ね者で名前を偽りこの酒場で店主をして隠れていたのだった。 チザムはカンザス州の准士官で逃亡者を追う役目を担っていた。
そんな鮮やかな銃捌きを見ていたのは、未亡人になってしまったエマ・カレンと、彼女を励ましているテディQ (ルーク・グライムス)で、早速二人は、サムに街を救って欲しいと頼むのだった。
彼はボーグのことをしているようだったが、彼女がサムに全財産を投げ出すことで、彼は街を救うことを決め、仲間を集め始めるのだった。
まずはじめに声を掛けたのが、酒場で彼の凄さを見ていた早撃ちのジョシュ・ファラデー(クリス・プラット)だった。
そして4人は二手に分かれて、サムは旧知のグッドナイト・ロビショー(イーサン・ホーク)のところに行き、彼と一緒にいたビリー・ロックス(イ・ビョンホン)もともに仲間に引き入れることに成功する。
ジョシュは、テディと一緒にメキシコからの流れ者・ヴァスケス(マヌエル・ガルシア=ルルフォ)を引き入れ、さらに伝説の腕利きジャック(ヴィンセント・ドノフリオ)、そしてネイティブの若者レッド・ハーベスト(マーティン・センスメイアー)も加わり、7人はローズ・クリークの町にやってきた。
サムは町の人々にともに戦おうと訴えるが、ボーグが怖い人々は荷物をまとめ逃げ出していく。 しかし街を、故郷を守るために戦う決意をするものも現われ、7人は戦い方、銃の扱い方、ナイフの使い方を教えボーグとの戦いの備えるのだった・・・

今作を見る前に 「荒野の七人」 「七人の侍」 を見ておこうかな? と思いましたが、今回はこれを見たあと、徐々に旧作を見ることにしました。
監督はアントワーン・フークア、「エンド・オブ・ホワイトハウス」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/9568750.html 「イコライザー」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/12328217.html 「サウスポー」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14204390.html と話題作を次々と撮っていますが、今作は渾身の一作に感じますね。 もちろんリメイクということで、ハードルは高くなるリスクはありますが、果敢に挑戦というのは立派だと思いますね。
ただ、こういう7人のメンバーを今そろえるときに、こういう人選になるんだなあというのがまず正直驚きですね。
真ん中に黒人、そして謎の東洋人(韓国人)もいるという、この時代になんてバランスの取れたメンバーが(^^) ここだけが何か現代的なところは、時代なんでしょうね。
もちろんサム・チザムの登場シーンは偏見に満ちていましたし、ビリーがナイフを教えるところは、ちょっと冷たく町の人々にされますね。 しっかりリアルな反応は描かれてはいましたが。 またネイティブ・アメリカン=インディアンも参加し、後半では同門対決も演じます。
もちろん7人+町の人々と、ボーグ軍団の戦いは迫力満点で、見ごたえは凄いものがあります。
これを見てオリジナルの2作品をしっかり見て行きたいと思います。

イメージ 1
集まった7人

イメージ 2
エマも戦う決心をしてジョシュに銃を習う

イメージ 3
そして戦闘開始

イメージ 4
ひたすら打ちまくる助手

イメージ 5
馬に乗って打ちまくるサム

イメージ 6