anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

顔のないスパイ

2011年作品、マイケル・ブラント監督、リチャード・ギア主演。

メキシコ、アメリカに隣接するソノーラ砂漠。 国境警備員を殺害し、アメリカに渡ろうとする一団がいた。
6ケ月後、ワシントンで、ロシアと密接な関係を持つダーデン上院議員が暗殺、その手口から浮かび上がったのは、死んだはずのソビエトの伝説のスパイ “カシウス”の痕跡だった。
CIA長官ハイランド(マーティン・シーン)は、カシウスをリーダーとする暗殺集団 “カシウス7” の追跡にキャリアを捧げ、今は引退した元エージェントのポール・シェファーソン(リチャード・ギア)を呼び戻し、議員を内偵していたFBIの若手捜査官ベン・ギアリー(トファー・グレイス)と共に事件解決にあたらせる。
ポールは、すでにカシウスは死亡、議員殺害も模倣犯によるものと考えていたが、渋々捜査に協力することになる。
一方、カシウスに魅せられ、大学で彼についての修士論文も書いているベンは、カシウスが殺しを復活させたと確信する。 そんな中、2人はかつてポールが射殺したはずの “カシウス7” の一人、ブルータス(スティーヴン・モイヤー)がまだ獄中で生きていることを知る。
ポールは、カシウスの死を証明するため、ベンを連れ刑務所へ赴くが、ブルータスから、暗殺者の掟を破ったため、カシウスにはある “罰” が下されたことを聞かされる。 そして2人が帰った直後、情報と引き換えに入手したラジオの電池を飲み込み病院へ運ばれたブルータスは、見事脱走に成功。 だがカシウスを名乗る男に捕まり惨殺される。 現場にはポールの姿があった。
カシウスの魔の手は、ベンにも伸びていた。 家族のいな いポールは、自分と違い守るべき者がいるベンに捜査から外れるよう命じるが、カシウス逮捕にこだわるベンは全く聞く耳を持たない。
そんな中、半年前の国境警備員殺害事件の際に奪われた車が発見される。 監視カメラに映っていたのは、元特殊部隊でKGBのボズロスキー(テイマー・ハッサン)の姿だった。 彼とカシウスが同じ時期に表舞台から姿を消し、20年後に再び出現したことから、本部ではカシウス=ボズロスキーの線で捜査が進められていく。
しかしベンは、過去の事件の検証から、カシウスの真の正体に気づく。 一方、ポールも最後の落とし前をつけるため、ボズロスキーの元へ向かっていた…

監督はマイケル・ブラント、公開していた 「スクランブル」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15162615.html の製作・脚本をしていますが、監督作品の映画は今作だけのようですね。
主演はリチャード・ギア、出演作が多いんですが、私が記事にした作品は 「愛という名の疑惑」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/4582795.html 「八月の狂詩曲」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14359878.html ですね。
物語は伝説のスパイ:カシウスの影がちらつくお話ですね。 カシウスは西側から恐れられていた暗殺集団のリーダーでしたが、彼は死んだという知らせが来ました。
しかしワシントンで暗殺が起こり、そこでもしかしたらカシウスが生きているんではという流れになっていくんですね。
まあ、カシウスは誰なのか? ということになるんですがね(^^)
リチャード・ギアは、どうも優しい感じのイメージがありますね。 殺伐とした役がどうも私にはぴんと来ませんが、それも慣れでしょうかね?

イメージ 1
カシウスが復活したという噂が

イメージ 2
ポールとベンがコンビを組む

イメージ 3
ポールの手際はいい

イメージ 4
次々と重要人物に接触していく

イメージ 5
そしてベンはとうとう・・・

イメージ 6