anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

スイス・アーミー・マン

2016年作品、ダニエル・シュナイナート、ダニエル・クワン監督、ポール・ダノダニエル・ラドクリフ主演。

無人島の周りにゴミが浮いている。 そのゴミにはいろんな言葉が書いてあった。 それは助けを求める言葉の数々。
孤独な青年ハンク(ポール・ダノ)は嵐に会い遭難し、無人島に漂着したのだった。 しかし、いくら待てども助けは来ず、絶望の淵で首をつり、自ら命を絶とうとしたそのとき、波打ち際に男の死体(ダニエル・ラドクリフ)が流れ着く。
すぐに駆け寄り息があるかを確かめるが、やはり死体だった。 再び首をつろうとするが、その死体からはガスが出ており、浮力を持っていることに気が付く。 その力は次第に強まり、死体は勢いよく沖へと動き出す。 ハンクが意を決してその死体にまたがると、ジェットスキーのように発進する。 そしてとうとう無人島を脱出することに成功するのだった。
助かった、そう思ったハンクだったが、そこから人のいるところまでは相当ありそうな人気のない海岸だった。 そして必死に持っていたスマホの電波も入らない。 再び絶望感に陥ったハンク、そして雨が降ってきたので死体と一緒に洞窟に行く。 食べ物もない、水も尽きてしまう。 洞窟にたどり着くが、その時死体から水が出てくる。その水は飲むことが出来、さらに死体が言葉を発する。
死体の男の名前はメニーで、彼は十徳ナイフのような万能性を備えていた。 こうして、青年と死体の過酷で奇想天外な旅が始まるのだった・・・

これはなんとも奇妙な作品でしたね。
監督はダニエルズといわれる二人、ダニエル・シュナイナート、ダニエル・クワン。CM、MVなどを手がけ映画初監督の二人のようですね。
そしてダニエル・ラドクリフ、近作は 「グランド・イリュージョン 見破られたトリック」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14399067.html で悪役をしていましたね。 なんと言っても、ハリーポッターシリーズ https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/folder/569190.html?m=lc&sv=%A5%CF%A5%EA%A1%BC%A1%A6%A5%DD%A5%C3%A5%BF%A1%BC&sk=0 で世界的有名俳優になりましたが、その後は異色作、また違うイメージの役作りを必死にしている感じですね。
さて、物語は、こんな感じの出だしで、なぜか意思疎通の出来るメニーと奇妙な旅が始まります。
無人島から脱出をしてみたものの、人にいる場所には何か絶望的に遠そうなんですね。 でもメニーとの意思疎通が出来ることがわかり、ハンクは少し元気が出てくると同時に、だんだんと人間らしさを発揮するメニーに驚きと同時に、彼を蘇らせ、彼に失った記憶をいろいろ思い出させようとします。
この作品は、一種のゾンビ作品かもしれません。 しかし多機能を持ったゾンビ、こういうのも珍しく、コメディの範疇かもしれませんね。
そしてハンクが持っていたスマホの画像が、メニーに大きな影響を与えるんですね。
ラストがなかなか読みづらい作品ですが、これはハンクが見ている幻覚なのかどうかが気になりますね。

イメージ 1
ハンクが絶望し、自殺を図ったとき

イメージ 2
流れ着いた死体

イメージ 3
死体だが不思議なことが出来る

イメージ 4
そしていつしか言葉を発するようになる

イメージ 5
そして人間のいる地へと必死の旅が始まる

イメージ 6