anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

私の少女

2014年作品、チョン・ジュリ監督、ペ・ドゥナ主演。

小さな海辺の村。 ソウルから所長として赴任してきた若き女性警官のヨンナム(ぺ・ドゥナ)は、初日に14歳の少女ドヒ(キム・セロン)と出会う。 ドヒの実の母親は蒸発し、血のつながりのない継父ヨンハ(ソン・セビョク)とその母親である祖母と暮らしているが、ドヒの身体には無数の傷跡があり、日常的に暴力を受けているようであった。
村人は老人ばかりの集落で、若くして力を持つヨンハの横柄な態度を容認し、ドヒに対する暴力ですら見てみぬふりをしている。そんな状況にひとり立ち向うヨンナムは、ドヒにとって暴力や学校のいじめから守ってくれる唯一の信頼できる大人であり、孤立していたヨンナムにとってもドヒの笑顔が心を癒してくれていた。
ある夜、ヨンナムの家にドヒが泣きながら訪ねてくるが、時を同じくして、老人の遺体発見との電話が署から入る。 海辺に駆けつけると、崖からドヒの祖母が落ちて死亡していた。
「パパとおばあさんが追いかけてきて落ちた」 と涙ながらに説明するドヒ。 現場に到着したヨンハがドヒに殴りかかる。 エスカレートしていくヨンハの暴力から守るため、ヨンナムはドヒを一時的に自宅に引き取り面倒をみることにする。
やがて子供らしい無邪気な笑顔がドヒに戻ってくるが、次第にヨンナムと離れることを過剰に恐れ、激しくヨンナムに執着するようになり、そのあまりに過剰な反応にヨンナムは戸惑いを憶え始める。
そんな中、ヨンハは衝突を繰り返していたヨンナムの過去の秘密を知り、彼女を破滅させようと追い込んでいく。 ヨンナムを守るため、全てをかけてドヒはある決断をするが…

世界的な活動をしているペ・ドゥナですが、韓国作品で見ると、貫録を感じますね。
監督はチョン・ジュリ、短編が多いようですが、長編は2作目ですか。 主演はペ・ドゥナ、近作は 「トンネル 闇に鎖(とざ)された男」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14934373.html で閉じ込められた主人公の妻役をしていました。
そして彼女が引き取る娘役にキム・セロン、「アジョシ」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14205232.html でも娘役が良かったです。
物語は、ある事情で左遷に遭ったキャリアの女性警察官のお話です。 いったい何があったのかは前半ではわかりませんが、周りの気の使い方が凄いんですね。 それだけ韓国は学歴社会という事なんでしょうね。
ただ、キャリアというだけではなく、正義感も強く、この村でのタブーにもあまり頓着せず向かっていくヨンナム、しかしそれは彼女に面倒なことが降りかかってきます。 DVを受けている少女ドヒ、彼女は今の父とは血が繋がってはいないようですね。 だから遠慮なく手や足が出てきますし、彼の母も物凄い形相で、苛めまくります。 ここから何かが起こりそうな予感がビンビン伝わってきます。
ドヒにとっては、今までだれ一人守ってくれなかった中、唯一の光がヨンナムなんですよね。 でも彼女は用心してドヒとの距離を保って行きますが、ある日彼女のところに一人に人物が訪ねてくるんですね。
後半、息苦しい展開と、衝撃の展開が待っていますが、なかなか心理的な面白い作品です。 ペ・ドゥナは邦画にも出てほしいですね。

イメージ 1
この村に来たが、なかなか溶け込めないヨンナム

イメージ 2
そんな時DVを受けているドヒが逃げてくる

イメージ 3
そして彼女の祖母が亡くなり取り乱す養父のヨンハ

イメージ 4
そしてしばらく彼女と暮すヨンナム

イメージ 5
ヨンナムと同じショートにするドヒ

イメージ 6
ヨンヒとの関係が悪化していくヨンナム

イメージ 7