anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

スキップ・トレース

2016年作品、レニー・ハーリン監督、ジャッキー・チェン主演。

ベニー・チャン(ジャッキー・チェン)は、同僚のヤン(エリック・ツァン)救出に向かう。しかし体中に時限爆弾を装着されたヤンは、彼を突き飛ばし、娘を頼むと言って海中に飛び込み爆死したのだった。
そして9年後、香港のベテラン刑事ベニー・チャンは9年間ずっと、香港の犯罪王ヴィクター・ウォン(ウィンストン・チャオ)を、相棒ユンを殺した容疑で追っていた。 それだけでなくベニーは悪名高い犯罪ボス 「マタドール」 の正体が彼だと思っているのだった。
今回も彼の正体を掴もうと、運河の上で取引が行われることを突き止め、極秘捜査をしていた。 しかし、捜査中に相手に捜査がばれ、戦闘が始まり、付近の住宅に甚大な被害を与え、停職処分になってしまう。 ベニーはユンから娘サマンサ(ファン・ビンビン)を託され、育ててきた。
一方、アメリカ人詐欺師コナー・ワッツ(ジョニー・ノックスヴィル)は、カジノに潜入、お得意の詐 欺の手口で大儲けをしようとした時に、ウォンが絡んだ殺人事件を目撃してしまう。 そして追われていたロシアンマフィアに捕まり、ロシアに連れて行かれてしまうのだった。
サマンサは、ベニーを助けるためにウォンのカジノで働いていた。 彼の捜査に密かに協力をするためだった。 しかしウォンから大金を持ち逃げしたとして、コナーを捕まえるよう命令されてしまう。 サマンサはコナーとカジノでちょっと絡みがあったからだった。 困ったサマンサはベニーに相談をする。 大金泥棒という事で、刑事の正義感からベニーはロシアに飛ぶ。
コナーはマフィアに拷問を受けていた。 それはマフィアのボスの娘をはらませたからで、彼女との結婚を強いられていたのだった。 しかし自由人のコナーはそんな気はさらさらない。 そこにベニーが現れ、コナーを救出、そして香港に彼を連れていくための逃走劇が始まる。
しかしコナーは謎の携帯電話を持っていた。 それが 「マタドール」 の正体を掴む鍵の指紋認証の携帯だった…

まだまだジャッキー・チェン健在を感じさせる作品でした。
監督はレニ・ハーリン、一番有名な作品は 「クリフハンガー」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/6119979.html でしょうかね? それ以外にも、「エルム街の悪夢4 ザ・ドリームマスター 最後の反撃」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/13806021.html 「ディープ・ブルー」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14100685.html 等も監督をしていますね。
ジャッキー作品は、近作は 「レイルロード・タイガー」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14992164.html でしたが、まだまだ体が動く、超人ですね。 もう彼と共演してアクションをすること自体ステイタスなんではないでしょうか?
そして今回の相棒はジョニー・ノックスヴィル、「ラストスタンド」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/9291318.html に出演していますが、彼といえば 「ジャッカスシリーズ」、私は、「ジャッカス/クソジジイのアメリカ横断チン道中」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/12966647.html を見ていますが、これが独特な笑いを誘います。
さてこの二人が、全く別々の動きをし始めますが、サマンサという共通点と、実は彼が大きな手掛かりを持っていることが後でわかってきます。
しかし真面目な刑事のベニーと、口から生まれた根っからの詐欺師のコナー、なかなか相容れませんね。 まあ詐欺師というのはそういうもん、決して信用してはいけない。
これはアクション映画でもありますが、ロシアから香港までのロードムービーという側面もありますね。 これはジャッキー映画をじっくり堪能できる作品でした。

イメージ 1
ジャッキーはマタドールを追っていた

イメージ 2
同僚の娘サマンサ

イメージ 3
そしてコナーを救いにロシアへ

イメージ 4
しかしマフィアに襲われ

イメージ 5
追われる

イメージ 6