anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

メラニーは行く!

2002年作品、アンディ・テナント監督、リース・ウィザースプーン主演。

ニューヨークでデザイナーをしているメラニーリース・ウィザースプーン)は、初めての大きなショーを控えて緊張していた。 恋人のアンドリュー(パトリック・デンプシー)はそんな彼女のために、彼女の自宅を大量のバラで飾ってくれる。 アンドリューは超セレブでハンサムな自慢の恋人だ。 メラニーはアンドリューの愛に支えられ、ショーを成功させる。
ショーを終えたメラニーはアンドリューが用意したリムジンである場所へと連れて行かれる。 そこはティファニーの店内だった。 アンドリューは貸し切りにした店内でメラニーにプロポーズし、好きな指輪を選ばせてくれる。 ニューヨーク市長をしているアンドリューの母親のケイト(キャンディス・バーゲン)はこの婚約に反対だったが、イメージアップのためマスコミの前では笑顔を取り繕う。
しかしメラニーにもこの婚約を心から喜べない大きな秘密があった。 実は彼女は7年前に故郷のアラバマで幼馴染みのジェイク(ジョシュ・ルーカス)と結婚しており、まだ離婚が成立していなかった。メ ラニーは過去を清算するため大急ぎでアラバマへ帰る。 政治家として大いに体裁を気にするケイトも、部下にメラニーの過去を調べるよう命じていた。
メラニーは実家にも顔を出さず、まっすぐジェイクの家へ行く。 突然帰ってきてすぐに離婚届へサインをしろと迫るメラニーとサインはしないというジェイクは大喧嘩になる。 ついにジェイクは警察を呼び、メラニーは大昔の罪を問われて警察に連行される。 メラニーは仕方なく父親に迎えに来てもらい、両親の暮らす実家へ帰る 。
メラニーはジェイクにサインをさせるため、夫婦の共同口座にあった貯金を使い果たしてしまう。 サインをしたら返金するというメラニーを家に残して、ジェイクはバーへ行ってしまう。 仕方なくメラニーもバーへ行き、懐かしい仲間たちと再会する。
しかしメラニーは酔っ払って仲間たちを侮辱し、ボビー(イーサン・エンブリー)がゲイだということまでバラしてしまう。 酔いつぶれたメラニーをジェイクが家まで送ってやる。
翌朝、目を覚ましたメラニーの横にはジェイクのサインが入った離婚届があった。 メラニーはジェイクにお礼を言い、ボビーにも謝りに行く。 ボビーはメラニーがジェイクだけでなく仲間まで捨てたことを怒っていた。 しかしメラニーの身辺調査に来たケイトの部下にメラニーがボビーの豪邸を自分の実家だと嘘をついていることを知ると、ボビーはメラニーと口裏を合わせてくれるのだった。
はたして彼女の玉の輿結婚は上手く行くのだろうか?・・・

典型的なラブコメですね。 やはりアメリカ人はこういうのがお好きなんでしょうか?
監督はアンディ・テナント、初めて鑑賞する監督ですね。 主演はリース・ウィザースプーン、私は彼女の出演作はあまり見ていませんね。 「MUD」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/11574684.html くらいでしょうか。
お話は、市長の息子でセレブなアンドリューを射止めたメラニーのお話。 でも不釣合いの結婚というだけでなく、実は彼女は形上は既婚者だったんですね。 これはいかんという事で、夫のところに離婚届にサインをもらいに行くんですね。
そして戻った故郷で、彼女は本当の自分に気が付いてゆくというお話でした。
まあラブコメの王道で、王子様とは結ばれず、というパターンですが、このジェイクが現れた第1印象が凄いんで騙されちゃいますね。 こういうギャップを見せるのも、まあお決まりのパターンですが、
私生活ではいろいろある彼女ですが、最近は映画にも出ているようですね。

イメージ 1
ショーが成功するメラニー

イメージ 2
そして彼女はセレブ婚を求婚される

イメージ 3
話は進んでいく

イメージ 4
しかし彼女には秘密が、

イメージ 5
ジェイクとの籍が抜けていなかった

イメージ 6