anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

レイルロード・タイガー

2016年作品、ディン・シェン監督、ジェイシー・チェン主演。

1941年、中国。 天津と南京を結ぶ列車内では、多くの中国人乗客に混じって、完全武装した日本軍が警備を行なっていた。 その列車を襲撃したのが、変装して乗り込んでいたマー・ユエン(ジャッキー・チェン)と、その仲間たちだった。
しかし大した武器があるわけではなく、人を殺すこともない。 ただ日本軍に一泡吹かせて、あわよくば食料をくすねて行こうとする感じで、気絶させた日本兵のお腹に、羽の生えた虎の画を残すのもお約束だった。
マーたちは駅で働いて雑用係のような仕事をしていた。 駅長は彼らのふるまいを知っていたが、やはり日本人に対して憎い感情を持っていたので、上手くごまかすのに一役 買っていたが、それは一歩間違うと大変なことになるのだった。
マーは妻や父を日本軍に殺されていた。 同じように父を殺されたダーハイ(ファン・ズータオ)を息子のように可愛がり、一緒に行動をしている。 彼の母と再婚をするつもりで、妹はもうお父さんと呼んでいるが、なかなか踏ん切りがつかないようだった。
そんな時、八路軍の抗日兵士が傷を負った姿で逃げ込んでくる。 日本軍と戦っているレジスタンスなのだが、足を負傷して、逃げ込んできたのだった。 そしてすぐに山口司令官(池内博之)率いる日本軍が探索にやってきた。
とっさに煎餅を焼く窯の下に隠してその場をしのいだが、彼はこうしてはいられない、韓荘大橋を爆破する計画を成し遂げなくてはならないので、自分を 逃がしてほしいとマーたちに懇願する。
傷が治るのには10日くらいかかると説得をするが、4日後には爆破する必要があるの一点張りだった。
仕方なくマーとダーハイが、列車の荷台に乗せ、八路軍の近くまで乗っていくため密航するが、日本軍はしっかりと調査に来てしまう。 マーたちは脱出するが、その兵士を助けることはできなかった。
そしてマーはある決心をするのだった…

監督はディン・シェン、「ポリス・ストーリー/レジェンド」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/13379593.html でのコンビの再現ですね。 ジャッキー自身の出演作としては、監督も兼ねた 「ライジング・ドラゴン」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/11904839.html もありましたね。
日本からは、池内博之、矢野浩二が参加、特に池内博之は、「イップ・マン 序章」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14877986.html にも出演していましたし、アジア作品にお呼びがかかりますが、決まって悪い日本人ですね(^^)
物語は、第2次大戦中の中国での日本進出期、日本軍が大陸侵攻しようとするのを八路軍が抵抗活動をしているという期間ですね。 しかしジャッキー演じるマーはただの駅で働く雑役係、しかしなんとか一泡吹かせようと絶えずゲリラ活動をしているんですね。
そして彼らはやはり日本軍に恨みがある人間ばかりなんですね。 そして八路軍の兵士を匿ったことから、デカいことを真剣にやろうという事になって行きます。
基本アクションコメディの範疇の作品、しかしラストの一大アクションシーンはそこそこ コストがかかっている感じでしたね。 冒頭に、現代の少年が父から昔話を聞くという回想のお話になっていますが、この父と子がマーの親族なのかは不明でした。
ジャッキーはまだまだ健在ですね。

イメージ 1
日本軍を混乱させるマー

イメージ 2
彼を慕うダーハイ

イメージ 3
そしてこの地域の司令官・山口

イメージ 4
しかしある八露軍兵士を助けてから

イメージ 5
マーはある決心をする

イメージ 6