anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ブラッド・ワーク

2002年作品、クリント・イーストウッド監督、主演。

FBI捜査官マッケイレブ(クリント・イーストウッド)が呼び出されたのは、コードキラーと呼ばれる連続殺人事件の現場だった。 現場には、捕まえてみろというメッセージと謎の数列が、被害者の血で残されていた。
現場を一通り見て、彼は取り囲むマスコミと野次馬を見ていると、その中に、現場に残されていた靴跡と同じ靴を履く人物を見つる。 その男は彼の視線に気付き、逃げ出す。
マッケイレブはその男を追うが、暫く走ると突然鼓動が早まり、倒れてしまうのだった。 彼が倒れたのを見た男は足を止め近付いてくるが、マッケイレブは力を振り絞って銃を撃ち意識を失ってしまう。
時が経ち、心臓移植の手術を受けたマッケイレブは引退し、今は船で暮らしていた。病院から帰ってきた彼に隣の船に住んでいるバディ(ジェフ・ダニエルズ)が、女(ワンダ・デ・ジーザス)が訪ねて来ていると声を掛けくる。 女はグラシエラと名乗り、妹グローリアを殺した犯人を探し出してくれと頼んできた。
最初は断ったマッケイレブだったが、彼女は、妹とその息子が写った写真を見せる。それに何か思う所がないかと彼女は聞き、実はマッケイレブに移植された心臓は妹のものだと告げるのだった。
マッケイレブは思い悩んだ後、警察に捜査状況を聞きに行くと告げる。 担当刑事の話を聞くと、グローリアの事件はありふれた殺人強盗で、進展はないと言われるなか、マッケイレブは捜査資料の警備ビデオを見せられる。
グローリアは雑貨店主と一緒に犯人に撃たれ、その直後に訪れた客に手当てを受けていた。 その犯人は、カメラにウィンクをしていた。 映像を見たマッケイレブは、犯人はカメラの位置を知っていて下見に来た筈だと判断し、他の映像を要求するが、遠回しに断られてしまうのだった。
捜査資料から、グラシエラの妹とは別件のコーデル殺人事件との間に関連性があると判断したマッケイレブは、隣のクルーザーで暮らすバディを助手にして捜査を進める。
捜査を進めるうちに、彼女とコーデルは同じ希少な血液型でドナー登録していたこと、二人とも犯人から脳死状態にされていたことが判明し、マッケイレブは、犯人が同一犯で、自分に心臓移植をさせるためにドナーの二人を殺したと推理した。
そんな中、容疑者の一人だったボロトフ(イゴール・ジジキン)が殺害され、続けてコーデル夫人(アリックス・コロムゼイ)も殺害されるのだった・・・

クリント・イーストウッド監督、主演の作品、今作はいきなり主人公が発作で倒れ、刑事の職を失ってしまうところから始まります。
リタイヤ後、彼は刑事を辞めただけでなく、船で生活を始めるんですね。 在職中から妬まれていたマッケイレブ、そんな刑事たちの煩わしさからでしょうか、世捨て人になっている感じです。
しかしそんな彼のもとに、因縁の事件の捜査依頼が舞い込み、はじめは断っていましたが、犠牲者が自分のドナーだったことから、再び操作に、民間人の立場で行動を開始するんですね。
犯人は意外な人物、まさかという展開なんですが、まあそういうパターンもありなのかもしれませんね。 ただ設定上仕方がないんですが、ちょっと弱々しいイーストウッドでしたね。

イメージ 1
捜査中倒れ、手術を受けるマッケイレブ

イメージ 2
刑事を辞め船での暮らしを始める

イメージ 3
そこにある女性が訪ねてくる

イメージ 4
バディを助手として、私的な捜査を始める

イメージ 5
それは自分の過去の事件と相関がありそうだった

イメージ 6