anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

放送禁止2 ある呪われた大家族

2003年作品、長江俊和監督、研丘光男、高井純子出演。

さわやかな朝・・・ラジオ体操の音楽が聞こえる・・・
2002年5月、埼玉県所沢市三上町・・・
浦さん一家の朝は、必ず家族一緒でのラジオ体操で始まる。
家族そろってのラジオ体操の後はにぎやかに共同で朝ごはんの準備。 食卓にはご飯、味噌汁、父親の特別メニューの牛肉の佃煮などがならぶ。 あわただしい大家族の光景である。
浦さん一家は3男4女の7人兄弟。 長女の高校生の林檎さん、次女の同じく高校生の蜜柑ちゃん、長男の豪毅君は16歳、恥ずかしがりの三女梨枝ちゃんは9歳、次男の隆太君は小学五年生、そしていつも元気な檸檬ちゃんは6歳、末っ子の四男団君は5歳。 それと父親の敬一郎さんと母親の司さん。 そして忘れてはいけないのがペットの猫のエンリケエンリケはは父親の元を離れない。 どうやら父親の牛肉の佃煮のおこぼれを貰おうとしている。
いつもみんな一緒がモットーの父、敬一郎さんは腕のいい大工なのだが、最近は2 年前の仕事上の事故で休職中だそうだ。 そのため母親の司さんのパートで家計を切り盛りしているのがこの家族の実情だ。 しかしながら大家族の浦さん一家には笑い声は絶えない。
しかしカメラはだんだんとこの家族のおかしな部分を映していくことになっていく…

私が結構怖かったのがこの2作目ですね。 それはこの作品で、ようやく画像の隅々まで見ていくと、おぼろげながら、こんな感じのどす黒い背景が見えるんだと分かったからですね。
「大家族」 を特集した取材番組はある時にブームとなりましたよね? それで有名になったタレントみたいな人もいました。 しかしそこにお蔵入りテープになった大家族がいたという設定がまずリアルなんですね。
そして、この後、凍りつくような映像になっていくんですね。 家族の絆を感じる映像から一転、強烈なDVが始まって行きます。 そして謎の不気味な写真。 実はこの写真が結構背筋が寒くなるリアルさを持っているんです。
そしてところどころに映り込むある人物、何か大きなとんでもないことが起こるだろう予感を感じて行きます。 まあこの作品で一気にこのシリーズに引き込まれていくんですが(^^)
そしてこのお話は続編が製作され、劇場版となって行きますが、それはまたの機会に。

イメージ 1
大家族の浦さん一家

イメージ 2
しかし父が行方不明に

イメージ 3